Amazon.co.jp ウィジェット赤ちゃんの紫外線対策グッズを紹介! | カラダ研究所

赤ちゃんの紫外線対策グッズを紹介!

赤ちゃんの紫外線対策をしなくては!
と思っているお母さんも多いと思います。

紫外線対策にはどんなグッズがあるのでしょうか?

そこで今回は、赤ちゃんの紫外線対策グッズを紹介します。

SPONSORED LINK

赤ちゃんの紫外線対策の方法は?

ここでは赤ちゃんの紫外線対策に
「日焼け止めは使わない」
という前提で
話を進めていきたいと思います。

紫外線対策ポイントはシンプルです。

それは「肌を日差しに当てない」ということ。

この点は大人でも一緒ですね。

ただし、紫外線対策をする季節は気温も高いので、
熱中症にも気をつけなければなりません。

肌を露出しないだけではなく、
風通しのよさも同時に考えていく
必要があります。

赤ちゃんの紫外線対策のオススメのグッズを紹介!

赤ちゃんと出かけるときに考えられる移動手段として

・抱っこひもで
・ベビーカーで
・車でチャイルドシートに乗せて

の3種類に分けてグッズを紹介したいと思います。

【抱っこひも】

・日傘
赤ちゃんを日差しから守るのに、日傘も有効です。

こちらはお母さんも一緒に使えるので、
大きめサイズのお気に入りのものを使ってください。

・帽子
つばの大きめのものを選びましょう。

つば付きの帽子です。

赤ちゃんは汗をかきやすいので、丸洗いできるのはうれしいですね。

・レッグウォーマー

レギンスでもいいとは思いますが、
レッグウォーマーだと脱いだりはいたりがしやすく、
温度調節が簡単です。

サイズが変わらず、長い期間使える点もよいですね。


立体ポコポコ編みが風を通し、お肌にはりつかないので夏でも快適です。

・ケープ
1枚持っておくと重宝します。

抱っこひもでは赤ちゃんを覆って使います。

ベビーカー時はひざかけとして、冷房対策としてなど使えます。

・エイテックス UVケープ ユグノー シャダンケープ

通気性の良いサラサラメッシュで暑い日のお出かけも快適に。

ワンタッチクリップでどこでも簡単に取り付けOK。

UVカット率約95%で大切なベビーを紫外線から守ります。

【ベビーカー】

・シェード
ベビーカー自体にもついていますが、
足元まで隠れない場合などは、
上から覆ってあげると万全です。

・ベビーカーUVカット&防虫ネット

虫よけと紫外線対策が一度にできるネットです。

軽くて小さくたためるので、持ち運びも簡単です。

・スマートスタート 大型サンシェイド レイフリー

元々ついているシェードにかぶせて使うタイプです。

柔らかい素材でつけたままベビーカーをたためるため、

付け外しの手間がないのが良いです。

・ひざかけ
ある程度大きくなってくると、
シェードの外に足が出てしまいます。

その紫外線対策や、冷房対策にもあると便利です。

・BABYHOPPER(ベビーホッパー) 2WAY・UVカットブランケット

元気な赤ちゃんは足をバタバタと動かして蹴飛ばしてしまいます。

4か所ひもで結んでとめるタイプのこちらはその心配もいりません。

また、抱っこひもにも結んで固定できます。

・照り返し対策
ベビーカーに乗っている赤ちゃんは低い位置にいるため、
照り返しの影響も受けやすいです。

こちらも忘れずに対策してあげましょう。

・ベビーカー照り返し防止シート

遮熱性にすぐれたアルミ蒸着シートが路面からの
照り返し熱や紫外線をカットしてくれます。

熱中症対策にもなりますね。

つけたままベビーカーの折り畳み可能で邪魔になりません。

・ベビーカー
50cm以上のハイシートのものを選ぶと、
それだけで照り返し対策になります。

・コンビ ベビーカー メチャカルハンディ エッグショック

軽さやワンタッチでの簡単開閉などが特徴のベビーカーです。

電車やバスなどの公共機関を使うことの多い方に
特にオススメです。

<赤ちゃん関連記事>
赤ちゃんの紫外線対策はいつから?
あせも対策、赤ちゃんのあせもはどうすれば良いの?
熱中症対策グッズ、赤ちゃん用オススメは?
夏の冷房の適温は何度?お年寄りや赤ちゃんがいる場合の適温は?

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ