Amazon.co.jp ウィジェット子供の紫外線対策はどうするの? | カラダ研究所

子供の紫外線対策はどうするの?

紫外線対策が必要になってくる季節です。

乳幼児の頃はお母さんがこまめに紫外線対策を
してあげられたけど、
幼稚園、小学校と通っていくとそうもいかなくなりますね。

どのように対策をとっていけばよいのでしょうか?

そこで今回は、子供の紫外線対策はどうするのが良いか、調べました。

SPONSORED LINK

子供にも紫外線対策は必要?

昔は「真っ黒に肌が焼けていて健康な証拠!」といわれていましたが、
今はそんなことはありません。

母子手帳は
「日光浴(太陽の日差しを浴びる)」
から
「外気浴(適度に外の空気に当たる)」
というように変更されています。

世界保健機構(WHO)は、
子供の紫外線対策の必要性を訴え続けています。

子供に紫外線対策が重要な理由として
下記の5点を挙げています。

1. 子供時代は細胞分裂も激しく、成長が盛んな時期であり、大人よりも環境に対して敏感です。

2. 子供時代(18歳未満)の日焼けは後年の皮膚がんや眼のダメージ(とくに白内障)発症のリスクを高めます。

3. 生涯に浴びる紫外線量の大半は18歳までに浴びます。

4. 紫外線被ばくは、免疫系の機能低下を引き起こします。

5. 子供たちは室外で過ごす時間が多いため、太陽光を浴びる機会が多いです。
(参照:http://www.bihada-glass.com/introduce/ultraviolet/protect/)

環境省も紫外線に関するマニュアルを出しています。

http://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_pdf/full.pdf

ですので、できる範囲でお子さんの紫外線対策を行ってくださいね。

子供の紫外線対策の方法は?

紫外線対策は以下のようなことを行っていきます。

・上着を着せる
肌を露出しないのが簡単ですが、
暑い季節に長袖・長ズボンで遊びなさい、
というのは難しいかもしれません。

無理強いすると熱中症になりかねないので、
できる範囲で構いません。

・帽子をかぶる
つばの広い帽子をかぶるようにしましょう。

・日焼け止めを塗る
肌の露出部分に日焼け止めを塗りましょう。

幼稚園や学校などで塗り直しはできませんが、
朝塗っていくだけでも多少は違います。

・外出時間に気をつける
紫外線のピークは10~14時です。

子供の日焼け止めの選び方は?

注意が必要なのは「大人用の日焼け止めを塗らない」ということ。

日焼け止めの成分として
・紫外線吸収剤
・紫外線散乱剤

の2種類があります。

大人と比べてまだまだ肌の弱い子供には
「紫外線吸収剤」は害になりやすいので、
「紫外線散乱剤」がメインのものを使いましょう。

<紫外線吸収剤関連記事>
紫外線吸収剤を不使用の日焼け止めは?bbクリームは?

また、石鹸で落とせる、ということも重要です。

大人用だとクレンジングで落とさないといけないものが多いですが、
このクレンジングも肌に負担になります。

子供の日焼け止めのオススメは?

上記の点を踏まえて、子ども用の日焼け止めを選びましょう。

・オーガニックマドンナ ピュアガードサンミルク


私が子どものために愛用しているものです。

アロマの香りで虫よけ効果もあります。

・ジョンソンベビー UVローションA SPF15 100mL


肌の保湿で有名なジョンソンベビーの日焼け止めです。

赤ちゃんのときから使えるます。

・ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 SPF28 PA++ 120g


さらっとしたジェル状で、とても塗りやすい商品です。

べたつくのがいや、という人にはオススメです。

この中から、子供に使いたいものを選んでもらうと、
自分から、積極的に塗るようになる傾向がありますので、
ぜひ、お試しください!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ