Amazon.co.jp ウィジェットバターコーヒーとは?ダイエット効果はあるの? | カラダ研究所

バターコーヒーとは?ダイエット効果はあるの?

バターコーヒーってご存知ですか?

アメリカのセレブの間で話題の飲み物で、
ダイエット効果もあるのだそうです。

一体どんなものなのでしょうか?

そこで今回は、バターコーヒーと、そのダイエット効果について調べました。

SPONSORED LINK

バターコーヒーとは?

その名の通り、コーヒーにバターを入れて飲むものを言います。

ミルクと違ってクリーミーな味わいになるようです。

ただし、いつものコーヒーに、
冷蔵庫にあるバターを入れるわけではありません!

バターコーヒーに使うのは「グラスフェッドバター」です。

通常の牛はトウモロコシなどの
穀物を飼料として与えますが、
これは牧草だけで育てた牛からとった
乳を使ったバターです。

このダイエット方法を開発したのは、
IT業界を中心に活躍する起業家の
デイヴィッド・アスプリー氏です。

彼は150kg以上あった体重を100kg以下まで
落とすことに成功した上に、
IQも上がるという成果が上がりました。

もともと、彼がチベット登山をした際、
氷点下20~30度の極寒の地でふるまわれた
「バターティー」にヒントを得たそうです。

チベットのバターティーとは、
紅茶に牛乳から作ったバターを入れるものではなく、
黒豆の発酵茶にヤクの乳から作った
バターを加えたものです。

このバターティーには体を温め、
脂肪分解、消化促進などの作用がある
と言われています。

ダイエットにもうれしい効果がいっぱいですね。

バターコーヒーの効果・効能は?

バターコーヒーの効果は以下の点があります。

・カフェイン

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには、
エネルギーの消費量をアップする効果があります。

また、抗酸化作用や脳の働きを活性化させて
集中力をアップさせる
など、
うれしい効果もあります。

・不飽和脂肪酸

バターというと「脂肪のかたまり」
というイメージがありますが、良質な無塩バターには
不飽和脂肪酸が含まれます。

植物油や魚、大豆などに多く含まれるもので、
中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果があります。

バターコーヒーの作り方は?

基本的にはコーヒーにバターを入れるだけです。

・コーヒー

インスタントでもかまいませんが、
オススメはやはりドリップすることです。

コーヒーメーカーなどを使ってもよいですね。

豆の指定も特にありません。

・バター

グラスフェッドバターを使います。

ただ、日本では手に入りにくいので、
ネットで購入しましょう。

グラスフェッドバターの代用品として「AOCバター」もオススメです。

グラスフェッドバターと成分が似ており、
グラスフェッドバターよりも入手しやすいです。

ダイエット効果を狙ったバターコーヒーの飲み方は?

朝食をバターコーヒーに置き換えるだけです!

昼や夜は普通に食べて問題ありません。

またバターコーヒーにMCTオイルを大さじ一杯ほど、
入れると、ダイエット効果が増すので、オススメです。

ただし、入れすぎるとお腹がゆるくなりやすいので
注意を!!

※詳細を知りたい方は、デイヴィッド・アスプリー氏のこの本が参考になります。

私も実際にバターコーヒーダイエットを実行しており、
効果がでてきています。

飲み始めは、結構バターの味がきつく、
飲むのが辛かったのですが、
続けていくうちに、慣れてきます。

なによりも、飲むだけでダイエット効果があるので、
他の色々なダイエット法よりも継続しやすいと思いますよ!!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ