Amazon.co.jp ウィジェットmctオイルに副作用はあるの? | カラダ研究所

mctオイルに副作用はあるの?

ダイエットのおともに、ということでmctオイルが話題になっています。

mctオイルとは一体どんなものなのでしょうか?また副作用はないのでしょうか?

SPONSORED LINK

mctオイルとは?

mctとは、中鎖脂肪酸のことです。

ココナッツオイルなどの主成分でもあります。

脂肪酸というのは、脂肪の構成成分のことです。

これは鎖状につながっていて、長さによって短鎖脂肪酸、
中鎖脂肪酸、高級脂肪酸(長鎖脂肪酸)という名称がつきます。

私たちが通常、口にしてる油は高級脂肪酸で、
摂りすぎると体に脂肪がつき、
動脈硬化などの病気の原因になったりします。

しかし、中鎖脂肪酸はその心配がないのです。

mctオイルの効果は?

mctオイルの効果は以下のような点があります。

・分解、吸収のスピードが速い
中鎖脂肪酸は胃で吸収されるとすぐに肝臓に運ばれ、
速やかに分解されエネルギーとして使われます。

つまり、体脂肪として蓄積されにくいのです。

ダイエットへの悪い影響を考えなくてよいオイル、
ということになります。

・他の脂肪酸も燃焼する
中鎖脂肪酸はそれ自体が体に蓄積されにくいだけでなく、
肝臓において他の脂肪酸を燃焼する働きがあります。

その結果として、脂肪自体が体に溜まりづらい
という効果が期待できます。

mctオイルの副作用は?

今まで話題になったオイルと違い、
mctオイルは自然の油ではありません。

そう聞くと、心配になるのは副作用ですね。

mctオイルは40年以上もの間、医療の現場において、
手術後の流動食や未熟児の栄養源として
使われていました。

さらに、これを使用している食用油は
トクホ(特定保健用食品)に認可されています。

こういった点を含めると、
副作用についてはあまり心配する必要はなさそうです。

mctオイルはどうやって摂取するの?

mctオイルは無味無臭のため、
料理や飲み物などに混ぜて使うのがオススメです。

・ごはんに
お米1合に対して小さじ2ほど混ぜて、通常通り炊きます。

・調味料に
マヨネーズやソースなどの調味料大さじ1に対し、
小さじ1ほどを加えてかき混ぜます。

また、コチラの記事で紹介したバターコーヒーに混ぜるのも
ダイエット効果を期待したい人にはオススメです。

最後にネットで購入できるmctオイルをいくつか紹介しますので、
是非、一度お試しください。


Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ