Amazon.co.jp ウィジェットお酢ダイエットの効果とは? 本当にやせるの? | カラダ研究所

お酢ダイエットの効果とは? 本当にやせるの?

昔から体によい、といわれるお酢。

日々の料理に取り入れている人も多いのではないのでしょうか?

そのお酢のダイエット効果が注目されています!

お酢の効能や飲み方、オススメのお酢などをご紹介します。

SPONSORED LINK

お酢の効能・効果は?

「お酢は体にいい」と、ダイエットに限らず、
健康のために飲む人が増えてきました。

それにあわせて、お酢の種類も増え、
薄めずに飲めるものも出てきました。

もちろん、料理にも欠かせない調味料です。

そんなお酢にはどういった効果があるのでしょうか?

・便秘解消
お酢には抗菌作用があります。

町内の有害細菌を減らし、腸内の働きが活発になるという
効果がが期待できます。

・利尿作用
お酢をとることで、腎臓が尿を排出させようとする働きがあります。

体内の余分な水分や老廃物も
尿と一緒に排出されるため、むくみ解消に繋がります。

・口臭予防
口腔内や消化器官の雑菌の繁殖を抑えることで、
口臭予防ができます。

・疲労回復
疲れたときに酸っぱいものをとると、回復する効果があります。

これはクエン酸やアミノ酸の作用によるものです。

・代謝の改善
お酢を飲むと基礎代謝が上がります。

これにより、冷え性に効果があり、基礎代謝をあげることで、
脂肪の燃焼しやすい、痩せやすい体質になります。

・ダイエット
酢の主成分である酢酸をはじめ、
タンパク質に含まれるクエン酸やアミノ酸など、
60種類以上の有機酸が含まれています。

酢酸やクエン酸には脂肪をエネルギーに変える効果、
アミノ酸には脂肪の分解を助ける働き
があります。

他の効果・効能と合わせて、ダイエットには効果的なようです。

ダイエットのためのお酢の取り方は?

1日に15~30mlのお酢をとります。

1回にまとめて飲んでも、何回かに分けても構いません。

【食後がベスト】
お酢には食欲を増進させる効果もあるため、
食前にとると食事量が増えてしまいます。

ダイエットには逆効果ですね。

お酢はそのまま飲めますが、酸っぱいのが苦手な人には辛いですね。

その場合はヨーグルトや牛乳などに混ぜるとよいでしょう。

また、サプリメントもあるので、上手に利用していきましょう。

【ホット酢ドリンクダイエット】
寝る前に飲むのも効果的です。

ホット酢ドリンクダイエットといって、最近話題になっています。

大さじ1杯くらいのお酢を、ホットドリンクに混ぜて、
寝る前に飲みます。

特に冷え性の人に効果的です。

冷え性改善、基礎代謝アップで心地よく睡眠がとれ、
痩せやすいからだ作りを助けてくれます。

【注意点!】
副作用があるわけではないですが、
お酢が刺激となって胃腸を痛めることもあります。

体調を見ながら、自分にあった量を見つけてくださいね。

ダイエットにオススメのお酢は?

お酢にもいろいろな種類がありますが
「合成酢」より「醸造酢」の方がアミノ酸などの栄養が多いため、
醸造酢を選びましょう。

また、飲用の酢も多数販売されていますが、
飲みやすくするためにはちみつや糖類などが添加されてるものが多いです。

ダイエットということを考えると、なるべく避けたいですね。

入手しやすいものをご紹介します。

・純玄米黒酢・純リンゴ酢(ミツカン)


お酢といえばミツカン、という人も多いのではないでしょうか。

多数の商品がありますが、この2つは玄米のみ、
リンゴ果汁のみを用いて作られた商品です。

まろやかな口当たりで飲みやすく、添加物が入っていないので、
続けて飲むにも安心
です。

・フルーツビネガー(内堀醸造)




果実を発酵させた果実酢に、果汁を加えて作ったフルーティなお酢です。

お酢ドリンクだけではなく、ヨーグルトなどに
混ぜても美味しく食べられます。

『純リンゴ酢』『ぶどうとブルーベリーの酢』
『ぶどうとラズベリーの酢』『ライチの酢』『パイナップルの酢』の5種類があります。

・飲むフルーツ酢(紅濱)



南国育ちのトロピカルフルーツを使った爽やかなお酢です。

テレビで紹介されたり、有名高級リゾートホテルの
バイキングのフリードリンクメニューに提供していたりされています。

現在は『タンカン』『パイン』『シークヮーサー』『マンゴー』の
4種類が販売されています。

・信州果実酢(丸萬醸造本舗)


信州でとれた果物と、中央アルプ酢と南アルプスに連なる
高原のすんだ空気と清冽な水で仕込んだ昔ながらの果実酢です。

『信州りんご酢』『信州うめ酢』『信州かき酢』の3種類があります。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ