Amazon.co.jp ウィジェットウェイダウンダイエットとは?効果ややり方をご紹介します! | カラダ研究所

ウェイダウンダイエットとは?効果ややり方をご紹介します!

食べながらにして痩せるという驚きのダイエット方法「ウェイダウンダイエット」。

テレビ番組で紹介されたこともあり、
現在注目されているダイエット方法のひとつです。

今回は、ウェイダウンダイエットとはどんなダイエットなのか、効果ややり方などをご紹介します。

SPONSORED LINK

ウェイダウンダイエットとは?

最近、注目されているダイエット方法のひとつです。

その最大の魅力は「食べながらにして痩せる」ということです。

空腹を感じたときに、少量だけ口にする、というダイエット方法なのですが、
どうしてこれで痩せるのでしょうか?

注目する点は『ドーパミン』『セロトニン』という2つのホルモンにあります。

・ドーパミン

快感を得たいときに体内で分泌される『ドーパミン』は、
空腹時に分泌されるホルモンでもあります。

ドーパミンは食欲などの欲求を演出する神経なのです。

例えば、仕事が成功したら嬉しいですよね?

そのときに報酬が得られると「次も頑張ろう!」という気持ちに繋がります。

しかし、ここで「もっとできただろう」などと言われると不快に思い、
大きなストレスになってしまいます。

そのストレスがたまると、ドーパミンを分泌する神経が過度に興奮し、
「依存症」に結び付いてしまうことがあるのです。

ストレスによる過食は「食事に依存している状態」と考えられます。

過食を繰り返していると、
空腹時に感じる正常分泌量が狂ってきてしまい、
お腹が満たされない、すぐにお腹がすく、
という状態になってしまいます。

ダイエットには嬉しくない状態ですね。

・セロトニン

満腹感を得たときに分泌されるホルモンが『セロトニン』になります。

セロトニンのおもな役割は、精神を安定させ、幸福感を産み出すことです。

セロトニンはドーパミンの過剰分泌を押さえる役割もあります。

「緊張していると食事をした気がしない」ということってありますよね。

セロトニンが分泌されず、満腹感を得ることができなかったためです。

同様に、苦手なもの、そのとき食べたくないものを食べても
満足が得られないため、なかなかお腹がいっぱいになりません。

この『ドーパミン』と『セロトニン』の分泌を正常にすることで、
ダイエットに繋げようというのが「ウェイダウンダイエット」になります。

ウェイダウンダイエットの効果は?

もとの体重などにもよりますが、
大体1ヶ月で2~3kgほど痩せる、という方が多いようです。

・好きなものを少しだけ食べると食欲がわいてきて、余計に食べてしまう。

・空腹なのか食べたいだけなのかわからない。

・ライフスタイルに合わない

など、合わなかった人もいます。

特にライフスタイルは、会社勤めの人だと間食が難しかったりしますね。

ウェイダウンダイエットの効果は人それぞれですので、
合わなかったからといってダイエットを諦めず、
他の方法を試してみてくださいね。

ウェイダウンダイエットのやり方や注意点は?

【ウェイダウンダイエットのやり方】
ウェイダウンダイエットのやり方は以下の通りです。

1.お腹がすいたら少しだけ食べる
2.食べるものの内容に決まりはない
3.運動はしなくても良い
4.食事の回数制限は特にない

ダラダラと食べ続けることが太る最大の原因です。

1を繰り返すことで「空腹感」と「満腹感」を感じるようになり、
自然と余計な食べ物を欲しがらなくなります。

少量の目安は「半分~1/3くらい」になります。

「1食半分×6回」から始め、なれてきたら1回量を減らしていきます。

【ウェイダウンダイエットのポイント】

・よく噛んで食べることで、満足感を得られやすくなります。

・大皿にたくさん乗っていると食べてしまうので、とりわけて食べましょう。

・「もっと食べたい」と思ったら「また後で食べられるんだから今はこれだけ」
 と自分に言い聞かせることで、欲求はおさまります。

【ウェイダウンダイエットを続けるコツ】
すぐに効果が出ることはありません。

ダイエットは続けることが大切です。

・お腹が空くまで食べないようにします。空腹なのか食欲なのかの見極めが大切です。

・カロリーはきにせず、食べたいものを食べましょう。

・飲み会や生理前、お祝いの日など、息抜きも必要です。
 上手にお付き合いしましょう。

【ウェイダウンダイエットの注意点】

基本的な縛りはなく、好きなものを食べていいように見えますが、
以下のような点は意識しましょう。

・糖分、脂質のとりすぎには注意です。
お菓子や肉ばかり食べずに、バランスよく野菜も食べましょう。

栄養素が足りないとダイエットは失敗しやすいですし、健康に悪いです。

水分もジュースなどではなく、水やお茶などをオススメします。

・激しく運動する必要はありませんが、適度な運動は健康のためにも必要です。
散歩やストレッチなどはしましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ