Amazon.co.jp ウィジェット赤ちゃんのインフルエンザ 予防接種はできる? | カラダ研究所

赤ちゃんのインフルエンザ 予防接種はできる?

朝晩、冷え込むようになってきましたが体調管理はどうですか?

寒くなるということは、インフルエンザが流行る季節が
近づいてきているということです。

年々、インフルエンザにかかる人は増えていますが、何か対策はしていますか?

特に小さな赤ちゃんがいるご家庭は、もしインフルエンザにかかったらどうしよう。。。
と不安になってしまいますよね。

そこで、赤ちゃんがインフルエンザにならない為に、
もしインフルエンザになってしまっても慌てずに対処できるように、
覚えておくと良いポイントをいくつかご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

赤ちゃんができるインフルエンザ予防は?

インフルエンザは、感染力が強いので家族の中で
1人でもかかると全員にうつってしまうことがあります。

まずは、家族1人1人がインフルエンザにかからないように対策をしましょう。
0046_00

*毎日の習慣だとは思いますが、手洗い・うがいは必ずしましょう。
ごみ捨てだけだから。。。と怠ってはいけません。外から帰ってきたら、手洗いうがいです!!

しかし、赤ちゃんは手洗い・うがいができませんよね。

ウェットティッシュで手を拭いたり、
お茶もしくは薄めたお茶を飲ませるといい
そうです。

*インフルエンザは飛沫感染なので、外出する際はできるだけマスクをしましょう。
また、人混みはなるべく避けると良いでしょう。

*インフルエンザが流行する季節は、特に乾燥しています。

乾燥しているとインフルエンザにかかりやすい環境になってしまうので、
加湿器を使って湿度を60%以上に保ちましょう。

0046_01

お母さんがしてあげられるインフルエンザ予防は?

上記で挙げたことも大切ですが、常に赤ちゃんと一緒にいるお母さんが
インフルエンザにならないことが1番の予防法です。

授乳期でも予防接種ができるので、
積極的に予防接種を受けることをオススメします。

0046_02

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種

 
赤ちゃんって予防接種できるの?と不安になるお母さんは多いと思います。

予防接種できるのは、生後6ヶ月からです。

しかし、病院によっては赤ちゃんが予防接種を受けても効果が期待されない、
と接種自体を推奨していないところもあります。

また、インフルエンザのワクチンは『卵アレルギー』があると接種できないので、
もし受ける場合はアレルギーテストを受けるか、
医師に相談してから受けるなどしてください。

0046_03

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種、いつ頃受けるといい?

 
だいたい病院では、10月前半から予防接種を開始しています。

3歳未満は2回接種、効果が現れるのは2週間後なので、
受ける場合は小児科の先生とスケジュールを組んで受けると良い
でしょう。

赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまったら?

 
インフルエンザの発症の特徴が大人と赤ちゃんでは異なります。

大人は高熱を出しますが、
赤ちゃんの場合、下痢や嘔吐から始まることが多いので風邪かな?と、
インフルエンザに気付かないことがあります。

もし、保育園やご家庭など周りでインフルエンザにかかった人がいて
我が子の体調がいつもと違うようならば、インフルエンザを疑った方が良いと思います。

治った?と思っても。。。

 
6ヶ月~1歳前後、小学校低学年くらいまでは、二峰性発熱の傾向が多くみられます。

高熱が出てから平熱に戻り、再び発熱する症状です。

高熱が続くと、肺炎や中耳炎など合併症に繋がる可能性もあるので、
完治するまでは油断禁物です。

おわりに

これからますます寒くなってきます。

赤ちゃんだけでなく、家族全員気をつけることが何よりの対策です!

よく食べて、よく寝て、体調管理をしっかりとして、
インフルエンザにかからないようにしましょうね!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ