Amazon.co.jp ウィジェット子供の乾燥肌・かゆみにオススメな入浴剤は? | カラダ研究所

子供の乾燥肌・かゆみにオススメな入浴剤は?

暑かった夏は汗疹が気になり、寒くなると乾燥が気になる。。。

特に子どもの肌は大人よりも敏感なので、
少しでも乾燥していると痒みの症状が出始めて
掻きむしってしまい辛そうにしていますよね。

そんな姿を見て、どうにかしてあげたいと思うけど何をしてあげたらいいのかわからない。。。、
と困っているお母さん方は多いと思います。

そこで、子供の乾燥肌対策やオススメの入浴剤などをご紹介したいと思うので、
参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

子供の乾燥肌対策は?

「敏感肌だからしょうがない」、「もともと乾燥肌だし…」とそのままにしていませんか?

原因は普段の生活にあるかもしれません!!

生活習慣を見直すことで、乾燥対策ができますよ。

1. お風呂
お風呂に入るってことは肌が潤う!、って思っていませんか?

その逆で、温度の高いお湯に浸かったりシャワーを浴びたりすると、
皮膚の水分を蒸発させやすくしてしまいます。

乾燥肌は、さらに悪化してしまうことも。

寒い時期は熱めのお湯が良いですが、
肌がデリケートな子どもにとって最適な温度は38~39度くらいなので、
子供と一緒に入る時は温度に気をつけましょう。

また、ゴシゴシ強く洗うのも良くありません。

しっかり泡立てて優しく撫でるように洗うだけで十分です。
0072_01

2. 爪は常に短く切っておく
乾燥して痒みが出てくると、子どもは無意識に掻いてしまいます。

「掻かないで」なんて言っても、こればっかりはどうも防ぎようがありません。

掻きむしることで皮膚に傷が出来たり、
そのままバイ菌が入ってとびひになったりと悪化
してしまいます

爪を短く切っておくことで、万が一掻きむしっても傷になりにくく、
爪の間にバイ菌が入ることも軽減できるので常に気にしておきましょう。

0072_02

3. 部屋の乾燥
冬場は暖房をつけるので、部屋が乾燥しやすくなります。

加湿器を利用して湿度を保つようにしましょう。

加湿器がないご家庭は、濡れたタオルを干しておくだけでも違うので、やってみてくださいね。
0072_03

乾燥肌におすすめの入浴剤

どうやって保湿をしてあげたらいいのだろう…
と悩んでいる方にオススメなのが保湿入浴剤です。

現在、多くの入浴剤がありますが、子供の肌にも優しく尚且つ
保湿もできる入浴剤があるので、いくつかご紹介します。

*みんなの肌潤風呂

香料や余分な添加物が配合されていなく、
水道水の刺激成分でもある塩素を除去してくれる効果がある入浴剤です。

口コミから広がり、今では子育て中のお母さんから高い評価を得ています。

*バスロマン スキンケア

スーパーやドラッグストアなどでよく見かけるバスロマン。

値段もお手頃なので、お財布にも優しいところも嬉しいですよね。

この安さでしっかり保湿もでき、
何よりも塩素除去成分が配合されているというのがポイントです。

*華密恋(カミツレン)

国内で農薬を使わず、有機肥料で栽培したカモミールを
独自の製法で抽出したカミツエキス100%の薬用入浴剤です。

季節問わず、誰でも使えるのでおすすめです。

子供の乾燥肌におすすめの薬やクリームは?

保湿入浴剤に入っただけでは、乾燥は防げませんよね。

そこで、入浴後おすすめのクリームやローションをご紹介します。

*ファムズベビー



赤ちゃんの湿疹や乾燥肌、アトピー予防などに効果があるファムズベビー。

こちらは、なんと保湿持続時間が7~8時間!!

これだけで乾燥肌が治ってきたという口コミが多いです。

しかし、合成成分や防腐剤など入っているので
使い続けるのはちょっと。。。という声もある
ようです。

*ヴァセリン

1度は見たことのあるヴァセリン。

天然素材を利用していて、ヴァセリンに含まれているピュアスキンジェリーが
肌の表面に蓋をしてうるおいを閉じ込めてくれます。

防腐剤無添加、無着色、無香料なので、
赤ちゃんからお年寄り、乾燥肌や敏感肌の方にも人気
です。

*アロベビー ミルクローション

国内産というところで安心感がありますね。

無添加、無香料、無着色のオーガニックベビローションです。

ホホバ種子油・シア脂配合の高保湿処方のローションで、水分をしっかり肌に閉じ込めます。

おわりに

いかがでしたか?

これからますます乾燥してくるので、普段の生活でも乾燥対策をしっかりしてあげましょう。

可愛い我が子の肌を守れるのは、そばにいるお母さん、お父さんです!!

できることから始めてみませんか??

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ