Amazon.co.jp ウィジェット咳の症状。。。 もしかしたら寒暖差アレルギーかも? | カラダ研究所

咳の症状。。。 もしかしたら寒暖差アレルギーかも?

『寒いところから暖かい部屋に入ったとき鼻水が出る』
『熱はないけど、鼻水やくしゃみがとまらない』
こんな症状を経験したことはありませんか?

実は、この症状で悩む人は少なくありません。

では、この症状はどんな病気なのでしょうか?

予防はできるのでしょうか?

詳しく調べてみたので、参考にしてみてくださいね。

SPONSORED LINK

寒暖差アレルギーとは?

 
この時期は気温差が激しく、昨日は暖かかったのに今日はとても寒い…
なんてことがよくありますよね。

激しい温度差が原因で発症するのが『寒暖差アレルギー』です。

医学的には『血管運動性鼻炎』と呼ばれ、
7度以上の気温差による刺激が、鼻の粘膜の血管を広げ、
むくむことが原因でアレルギー症状があらわれたり、
自律神経が不調を起こしたりと様々な症状が現れます。

0087_01

寒暖差アレルギーにはどんな症状があるの?

代表的なのは、熱はないのに鼻水・鼻づまり・くしゃみ・咳など
風邪のような症状です。

また、食欲不振や不眠、イライラや疲れやすいなどの
精神面に出る症状もある
そうです。
0087_02

鼻水の色が透明だったり熱はでなかったり、
目が赤くなったり充血はしていなかったり。。。

精神的に不安定になるなど、症状に特徴があるので
一つでも当てはまる症状がある場合は
寒暖差アレルギーを疑った方が良いかもしれません。

寒暖差アレルギーになりやすい人って?

普段あまり運動をしていない人が、
寒暖差アレルギーになりやすいと言われています。

また、自律神経が不安定な状態もなりやすいそうですよ。
0087_03

寒暖差アレルギー、予防や対策はあるの?

寒暖差アレルギーは病気ではないので、
これを使えば治る!という治療薬はない
そうです。

自律神経が関係してくるので、ゆっくりリラックスして入浴したり、
しっかり睡眠を取ったりしましょう。

寒暖差が激しいと発症するということなので、
自分でできる対策としては天気予報を見て、
上着を1枚持っていく、脱ぎやすい洋服を着るなど
上手に寒暖差と付き合えるようにすると良い
ですね。

また、筋肉があることで急な寒暖差があっても
そこまで体温変化はない
ので、
自宅で簡単にできるような筋トレをするのもオススメです。
0087_04
 
治療薬はない、とお伝えしましたが場合によっては処方されることもあります。

例えば、くしゃみ・鼻水が止まらなかったり、じんましんが治まらなかったり、
頭痛が辛いなどの症状が出た時などです。

しかし、寒暖差アレルギーが治るわけではないので、
やはり自分でできる予防や対策でなりにくい体を作るしかないのですね。

おわりに

 

いかがでしたか?

風邪なのかわからない、と思ったら病院で診てもらうことが1番です。

これを機に生活習慣を見直してみませんか?

少しでも見直すことで、症状が良くなることもあるそうですよ。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ