Amazon.co.jp ウィジェット今、話題のMCTオイルの効果とは?ダイエットにも効果的? | カラダ研究所

今、話題のMCTオイルの効果とは?ダイエットにも効果的?

オリーブオイルやココナッツオイルなど、今までいろいろと話題になってきました。

そして今、注目なのが『MCTオイル』です。

今回は、MCTオイルの効果やおすすめのMCTオイルをご紹介していきます。

SPONSORED LINK

MCTオイルとは?

そもそもMCTオイルとはどういうものでしょうか?

MCTとは、Medium Chain Triglycerideの略で、
中鎖脂肪酸油のことをいいます。

オイルを構成する油脂は炭素が鎖上に繋がった作りをしていて、
これが5~12個のものを中鎖といいます。

普段、私たちが料理に使っている菜種油などは、
それ以上繋がっている長鎖脂肪酸という分類になります。

MCTオイルは一般的な油よりも分解しやすいため、
通常より早くエネルギーとなります。

その早さは4、5倍になるそうです。

一般的なオイルがブドウ糖が使われたあとにエネルギーとして使われるのにたいして、
MCTオイルは優先的にエネルギーとして使われます。

つまり、一般的なオイルと違って
「脂肪として蓄積されない」
ことにメリットがあるんですね。

MCTオイルのダイエット効果は?

MCTオイルのダイエット効果はどれ程のものでしょうか?

話題になっていたココナッツオイルと比較すると、
その効果はより期待できます。

というのも、ココナッツオイルが中鎖脂肪酸60%なのに対し、
MCTオイルは100%中鎖脂肪酸でできている
のです。

特に、糖質制限ダイエットをしている人におすすめです。

糖質制限をしていると、エネルギーとなるべき
ブドウ糖が不足してしまいます。

その場合、体脂肪を分解してケトン体というものを作り、
エネルギーとして使います。

MCTオイルはケトン体の生成を促進する成分と言われています。

MCTオイルの副作用は?

聞きなれないオイルは副作用も心配ですね。

MCTオイルは40年以上のあいだ、
医療現場で栄養補給として使われてきました。

未熟児や腎臓病患者など、
エネルギーを積極的に必要とする人に使われてきたものなので、
安全性も高いと言えます。

ただし、人によっては腹痛や下痢を起こすこともあるので、
その場合は無理して続けるのをやめましょう。

MCTオイルダイエットのやり方や注意点は?

基本的には毎食大さじ1杯くらいずつ取り入れるだけでOKです。

ただし、いくつか注意点があります。

【注意点】
・糖質制限を実施
上記したように、ブドウ糖のかわりにエネルギーとしたり、
体脂肪を消費したりするのが目的です。

糖質制限ダイエットも一緒に行うとよいでしょう。

・加熱はしない
オイルを加熱すると、煙が出てくると思います。

一般的なサラダ油やオリーブオイルなどが沸点が200度前後なのに対し、
MCTオイルの沸点は150度未満と低いのが特徴です。

普通のオイルと同様に使うのは向かないのです。

ドレッシングやドリンクを作ったり、直接料理にかけたりして使ってください。

MCTオイルのおすすめは?

おすすめのMCTオイルをご紹介します。

・日清MCTオイル(日清オイリオ)


オイルと言えば、という大手メーカーが出しているMCTオイルです。

無味無臭で、料理に混ぜても味が変わりません。

・MCTオイル(LOHAStyle)


何よりも魅力的なのがコストパフォーマンスのよさです。

こちらも無味無臭で、コーヒーやドリンクにいれて飲む方が多いようです。

口コミで糖質制限をしていても腹持ちがよく、
ストレスなく続けられる、という意見が多く見られました。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

MCTオイルダイエットについてご紹介しました。

MCTオイルは痩せやすい体を作る手助けをするオイルです。

毎日の食事に取り入れて、健康的に痩せていきましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ