Amazon.co.jp ウィジェットエコノミー症候群、その症状は? | カラダ研究所

エコノミー症候群、その症状は?

皆さんはエコノミー症候群という言葉を
聞いたことがあるでしょうか。

よく言われるのは飛行機に乗るときなどに多いと思いますが、
注意されてもエコノミー症候群というものが
どんな病気なのかよく分かっていない人も多いはずです。

そこでエコノミー症候群について説明したいと思います。

SPONSORED LINK

そもそもエコノミー症候群とは?

エコノミー症候群とは長時間同じ姿勢で座っていると
血液の流れが悪くなってしまい、
足を流れている血管の中に
血栓という血の塊ができてしまう症状のこと
です。

それがそのまま血管を流れていき
肺などで詰まって血管を塞いでしまう病気です。

この病気は座席が狭く身動きがしにくい
飛行機のエコノミークラスで発症することが多く、
この病名もそれにちなんで名付けられています。

とは言っても血流が悪くなることが原因なので、
飛行機の座席に限らず
長時間車を運転した時にも起こりやすい病気
です。

また会社でデスクワークが多く、
椅子に長時間座り続ける必要がある場合も
エコノミー症候群が発症する可能性があります。

エコノミー症候群、どんな症状が起こるの?

エコノミー症候群にも軽度・重度の症状があって、
軽度の場合は
足がむくんだり痺れたりする程度で済みます。

ですが重度になると肺の血管が
血栓で詰まってしまいます。

そうなると空気の通り道が十分に確保できないため、
呼吸するのが困難になり失神し、
最悪の場合死亡するケースもあります。

エコノミー症候群、どうやって予防すればいいの?

先ほども説明したように血流の悪さが原因なので、
対策は簡単に思いつくはずです。

足の血流を良くすればいいんです。

足のストレッチをしたり、
手で軽く揉んでマッサージしたりして
血流を良くしましょう。

上記の方法でもいいのですが、
なるべく足を曲げ続けた状態を保つことを避けたいので
トイレに行くついでに歩いたり
屈伸運動をしたりするのがオススメ
です。

さらに血液をサラサラにするために
機内では酒ではなく水を飲むようにしましょう。

アルコールを摂ると血栓ができやすいので
控えた方がいいと思います。

飛行機を無事に降りたから安心してはダメ!

エコノミー症候群は必ずしも
機内で座っている最中に起こるとは限りません。

飛行機に乗った数日後や数週間後に
急に発症する危険性もある
ので注意が必要です。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ