Amazon.co.jp ウィジェットニキビ跡の赤みが治らない。。。どうすれば良い? | カラダ研究所

ニキビ跡の赤みが治らない。。。どうすれば良い?

ニキビができやすい方には、
ニキビ跡の赤みがなかなか治らず、
どうしても気になってしまう方も多いと思います。

そこで今回は、ニキビ跡の赤みが治らない場合に何かできることはないか、調べました。

SPONSORED LINK

ニキビ跡の赤みを治す方法は?

10代のうちはニキビを治すというよりも、
ニキビと付き合うというイメージで向き合いましょう。

治すという事はほぼ無理なので、
治らないといって悩むのではなく、
10代のうちは洗顔などを行って、
ニキビの出現を出来るだけ、
コントロールすることを心掛けて行きます。

まずは、洗顔です。

洗顔フォーㇺか、石鹸を用意して、手で泡立てるようにして、顔を洗顔します。

また面倒くさいからと、いい加減に洗ったり、
顔についた石鹸をしっかり落とさないまま、
睡眠すると、ニキビが増えます。

また、ファストフードやチョコレートなど高カロリーの物を食べてしまうと、
ニキビが出来やすい体質の人にとっては、
ニキビが増殖を手助けする形になります。

原因は食品に含まれる添加物です。

これは通常、体に入ると肝臓で解毒され排出されるのですが、
活性酸素が増えてそれがニキビの炎症を強めてしまい、
ニキビ跡の赤みが治りづらくなります。。

ただ、10代は、食べても食べても足りないぐらいに、
体が食べ物や飲み物を欲してしまいます。

3食だけでは足りずに夜食、間食と食べてしまう事もあり、
規則正しい食生活や日常生活を送ることができないのもわかります。。

話は変わりますが、
ニキビを潰すと早く治ると言われていますが、
本当に正しいのでしょうか?

答えは難しいところです。

ニキビを潰すと中から、膿が出てくるため、
正しく膿を排出できれば、早く治りますので、
行った方が良いのかもしれません。

しかし、ニキビを自分でつぶしたのは良いのですが、
正しく潰すことが出来ないとニキビ跡が残り、
赤みを帯びて他人からの、見た目もとても悪くなります。

特に人の目が気になる思春期でもあり、
異性にも関心が高まる時期なので、
ニキビ跡の赤みがあると、
気になる人には、あまり顔を見られたくないですよね。。

ニキビ対策は思春期で解決すればいいのですが、
成人になっても跡が残る可能性もあるため、
慎重に行わないとなりません。

ニキビ跡の赤みの原因は、
肌が炎症を起こしているためです。

肌が再生させようと戦っていると言えるため、
赤みは自然に治る可能性が高いです。

肌が戦っている最中に、あれこれ試し肌を刺激してしまう事と、
状態を悪化させる可能性があります。

ニキビ跡の赤みが治らない場合、
まずはいじらすに様子見が一番です。

ある程度の時期が過ぎても、ニキビ跡の赤みが治らない場合には、
病院に通院しケミカルピーリングや、レーザーピーリングという
特別な施術を受けて治す必要があります。

(ご参考記事)
ピーリングとは?その5つの効果は?

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ