Amazon.co.jp ウィジェット多汗症の治療、手足の多汗症の場合は? | カラダ研究所

多汗症の治療、手足の多汗症の場合は?

ちょっと緊張したりして、ストレスを感じると
手足に汗をたくさんかくという方が増えてきているそうです。

症状がひどい方は、
手がべっしょりと濡れてしまうほど、
汗をかいてしまいます。

そこで今回は、手足の多汗症について、その治療法などを調べました。

SPONSORED LINK

多汗症とは?

汗をかくという事は、体温調整をしているという事です。

熱がこもったから汗で体外に放出する。
そして体温調整を行っています。

しかしながら現代社会はストレスに常にさらされています。

ストレスの原因は様々です。

家族や会社での人間関係、
仕事でのストレスや、
仕事が終わって会社を離れたとしてもメールをチェックで、
スマホやガラケーを手放すことが出来ない。。。

などなど、現代人は常にストレスにさらされて疲れています。

そういった様々なストレス要因から、
緊張する場面におかれたり、
精神的な部分で汗をかいてはいけない等と感じると
逆に汗をたくさんかいてしまうようになります。

これが世間で言われている多汗症です。

多汗症は世代は関係なく発症します。

普段、緊張感の多い場面におかれることが多い人ほど
多汗症なる可能性があります。

汗をかく場所は手のひら、足、脇、顔などの
皮脂腺が集中するところにたくさん汗をかきます。

多汗症の発症要因は、原因がはっきりとしない原発性多汗症と、
薬剤使用などが原因となっている継続的多汗症があります。

継続的多汗は原因がはっきりしているので、
医師に相談し、適切に対処を行えばいいのですが、
原発性つまり原因がはっきりとしない多汗症の場合は
その原因を多方面から探します。

多汗症の治療、手足の多汗症の場合は?

さて、多汗症の原因と要因は解りましたが、
特に手足の多汗症の場合は、どう治療して行けばいいのでしょうか?

手足の多汗症の場合は、基本的に自律神経の乱れが原因となっています。

そのため自律神経の乱れを起す要因を探ることが大切です。

また、診療を受ける病院は美容整形です。

また手足の多汗症の原因が、精神的な部分からの起因ならば、
精神科医の助けも必要です。

原因が、はっきりすれば、多汗に対する薬の処方も出来ますし、
精神的な原因なら精神を落ち着かせる薬が処方されます。

手足の多汗症が、あまりに症状がひどいと
多汗症自体もストレスの原因となってしまいますので、
なるべく早く、まずは病院で見てもらうことをおすすめします。

ただ、仕事で忙しくて、なかなか病院にいけない。。。
という方も多いと思いますので、
手足の多汗症対策として、ヨーロッパで大人気の強力な制汗剤を紹介します。

・AHCフォルテ30ml


使い始めて通常は3日で汗が抑えられるとのことです。
また、通常は1週間ほど制汗力が持続するそうです。

お忙しい方は、病院に行く前に
AHCフォルテが自分に効果があるかを試してみると良いと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ