Amazon.co.jp ウィジェット中性脂肪を減らす方法は? | カラダ研究所

中性脂肪を減らす方法は?

年を重ねると、自然と自分の身体について
不安もでてくると思います。

定期的に人間ドッグなどの健康診断を受ける機会も増えて、
自分の身体の状態を知ってショックを受ける人も多いでしょう。

ですが、悪い部分を克服する努力をすれば、
健康に戻れるチャンスはあるのです。

そこで今回は、健康診断の結果で気にする人も多い、
中性脂肪を減らす方法について調べました。

SPONSORED LINK

中性脂肪とは?

中性脂肪とはその名の通り「脂肪」です。

食事から摂取した脂肪は、
生きるためのエネルギーとして消費されます。

ですが余って使われなかった脂肪は、
中性脂肪として蓄積されるのです。

これは主に炭水化物やアルコールを過剰摂取した場合に起こる症状です。

あまり良いイメージがない中性脂肪ですが、
生きていく上では適度な量は必要になります。

中性脂肪には、クッションとして内臓を守り、
体温を一定に保つ役割がある
のです。

中性脂肪が高いとどんな危険があるの?

中性脂肪が増えると、
LDLコレステロールを増やして善玉コレステロールを減らしてしまいます。

LDLコレステロールは、血管に付着して血流を悪くするので、
結果的に動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などの病気を引き起こします。

また、中性脂肪が増えて肝臓に付着すると、
肝硬変や肝臓ガンを発症する恐れがあります。

ただの肥満だと思っていると、
大変なことになる可能性があるので注意が必要です。

中性脂肪を減らす方法は?

ここでは中性脂肪を減らす方法として
食事による方法を紹介します。

まず、米・パン・麺などの炭水化物を過剰摂取しないようにしましょう。

また揚げ物や肉などが中心の場合は、
揚げ物はなるべく控えて、脂身も食べないように心がけてください。

そして、野菜中心の生活に切り替えて、
肉だけでなく魚を積極的に食べるようにしましょう。

青魚に含まれるDHAという成分が、
中性脂肪を減らすのに大事な役割を果たしてくれます。

魚が苦手な人でも、サプリメントなどで補えるので
上手に活用してみてください。

炭水化物を食べ過ぎない工夫として、
よく噛んで食べることをオススメします。

私達は、脳にある満腹中枢から信号が発信されることによって
「お腹いっぱい」と感じます。

よく噛んでゆっくり食べることで、
満腹中枢からの信号を正しいタイミングで受けることができるので、
食べ過ぎを防ぐことができます。

中性脂肪は、食生活を見直すだけで改善することができるで、
気になっている方は早速始めてみましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ