Amazon.co.jp ウィジェット肩甲骨の痛みって何科の病院で診てもらうの? | カラダ研究所

肩甲骨の痛みって何科の病院で診てもらうの?

日本人の国民病とも言われる肩こり。

これは日本人しか感じる事の無い特有の現代病です。

肩こりを放置すると、肩甲骨にも痛みが及んできます。

これは、パソコンを使った長時間のデスクワークや、
スマホやタブレットなど、
同じ姿勢で画面を凝視する時間が増えているのが
大きな要因です。

最近は肩甲骨の痛みに悩む人も多いと聞きました。

そこで今回は肩甲骨の痛みについて、その原因や、
症状がひどい場合は何かの病院に診てもらえば良いか
について調べました。

SPONSORED LINK

肩甲骨の痛み、その原因は?

肩甲骨の痛みは
長時間同じ姿勢を続ける仕事や家事などで
体を酷使していることが原因です。

右と左、どちらが痛いのかで原因も違い、
内臓から来る痛みのときもありますし、
心因性から来る精神的な要因が絡んでいることもあります。

まずは、間違った姿勢を治すことから始め
生活環境も改善していく事も重要です。

また、痛みを放置して悪い姿勢や生活習慣を続けていると、
負荷が他のところに痛みとなって現れる可能性
があります。

よって、早めに対策していくことが大事です。

肩甲骨の痛み、その対処法は?

肩甲骨の痛みの対処法として、まずは、
会社でもできる運動として、
デスクに座ったまま首周りの簡単な運動で
一時的に痛みを和らげていきましょう。

首を肩にくっつける事を、
イメージしながら20秒ほど続けます。

20秒なんてすぐだと感じるかもしれませんが、
意外と長いものです。

肩甲骨を開く運動というのも一つです。

背伸びの状態で肩を下すだけです。

この動作を10回から20回ほど繰り返して行います。

このストレッチを効果的に行うのにオススメなのが、
“ボディストレッチのびーる”です。

・ボディストレッチのびーる


少しの力でグーンと伸びるので無理なくストレッチできます!
両端を両手で握り、引っ張ります。

ピンクのソフトと、グリーンのハードがありますが、
女性ならピンクのソフトで十分、効果を実感できますよ。

こんな感じで使います。
スクリーンショット 2015-09-22 11.20.30

金銭的に余裕がある場合には
ヨガ教室などに通いインストラクターの指示のもと、
運動を行ってみましょう。

口コミや民間ではやっている物を試すよりも
遥かに効果がありますし、
肩甲骨の痛みの解消につながります。

もし肩甲骨の痛みがひどくて病院に行く場合は何科にいくの?

どうしても、痛みが取れない場合には
医療機関で診察を受ける必要があります。

では、どこの診療科を受診すればいいのでしょうか?

これは思い当たることがあるかないかにより異なります。

もし、デスクワークや、スマホなどにより、
下向きの猫背の姿勢をとる時間が多い、といったような
原因がないのに肩甲骨が痛い場合には、
内科を受診
してください。

内科で診察を受けると思わぬ病が発見される可能性があるので、
一度受診してみる事をお勧めします。

肉体労働を行っている場合や、
同じ姿勢を長時間とっているなど、
原因がはっきりしているなら、
整形外科を受診
して肩甲骨の痛みの原因を直接取り除きましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ