Amazon.co.jp ウィジェット汗かきは代謝がいいの?その関係は? | カラダ研究所

汗かきは代謝がいいの?その関係は?

汗かきにとって、これからの季節は憂鬱です。

汗をかいている人は代謝が良いと言われていますが、
それって本当にそうでしょうか。

汗をかいても、身体がすっきりしたようには思えないのです。

そこで汗かきと代謝の関係について調べてみたことろ、
意外な事実がわかりました。

SPONSORED LINK

汗かきは代謝がいいの?その関係は?

汗をたくさんかいた方が、代謝があがってダイエット効果がある、
と思っている人が多いと思います。

しかし、これは間違いです。

代謝とは、身体の中で物質が化学的変化をして入れ替わること、
または、それに伴うエネルギーの出入りのこと
です。

代謝すると熱が生まれます。

作り出された熱を体外へ出すため発汗がおこるのです。

代謝の結果として汗が出るのであって、
汗をかいても代謝が悪い場合もあります。

発汗には様々な原因があります。

続いて、汗かきの原因に迫ります。

冷え症がまねく汗かき、というのはちょっと意外な感じがするかもしれませんが、
このような人は水分の摂りすぎや水分の排出がしにくい体質のため、
余分な水分を体内にためこんでいることが多いのです。

体内の余分な水分は身体を冷やしてしまうので、
体温上昇を図るため、発汗作用が活発になります。

このことは、女性ばかりでなく男性にも当てはまることです。

冷え症を改善すれば、汗かきも解消します。

太っていることで大量の汗をかくという事があります。

こういう人は、厚い皮下脂肪が断熱材となって、
体内に熱がこもりやすくなります。

そして、体温調整のため汗をかきます。

皮下脂肪を運動などによって落とすと、発汗がおさまることでしょう。

一方で、太っているからと言って、汗かきだということにはなりません。

代謝が悪くて、汗をかきにくい人が中にはいます。

そのような人は体温調整がうまく行かず、熱中症になりやすいので、
常に適度な運動で汗をかくよう心がけましょう。

平均的な体型あるいはやせ形人で汗っかきの人は、
隠れ肥満の可能性があります。

そういう人は、内臓脂肪が厚く、熱が体内にこもりやすくなるので、
体温を調整するために大量の汗をかきます。

普段から運動を良くする人は、汗をかく体質になっています。

そういう人が突然運動をやめると、汗腺が衰えてしまい、
身体の一部でしか汗をかかなくなります。

やはり、運動不足は身体への悪影響が出やすいようです。

少しずつでもいいので、身体を動かしましょう。

また、緊張やストレスで汗をかく人がいます。

このような、精神性発汗がおこる部位は、
手のひら、足の裏、その他身体の表面
などです。

このような人は、自分なりの、緊張を緩和する方法を身につけたり、
汗かきであることを気にしなようにしましょう。

香辛料をたくさん使った料理や、肉類などを好んで食事をする人は、
これらの食品が汗腺を刺激して汗をかきやすくなります。

食事内容を見直すことで解消できます。

病気が原因で起こる汗かきがあります。その一部を上げます。
・更年期障害 一時的に大量の汗をかきます
・バセドー病 甲状腺ホルモンの過剰によって大量の汗をかきます。
・自律神経失調症 交感神経と副交感神経のバランスの崩れが多汗を引き起こします。

どうでしょうか?

汗かきだから代謝がよい、ということは間違いだったと、
お分かりいただけましたでしょうか。

汗かきには様々な原因があります。

その理由を正しく知って、改善に向けて努力しましょう。

長年気になっていた、汗かきを改善して、
快適で爽やかな生活をおくりましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ