Amazon.co.jp ウィジェットブライダルエステの効果と実施期間は?式本番に確実に綺麗になりたい! | カラダ研究所

ブライダルエステの効果と実施期間は?式本番に確実に綺麗になりたい!

晴れて結婚することになって、
最高の花嫁姿で式に臨みたいと思っています。

そこで、時々耳にしていた、ブライダルエステを試してみたいのですが、
どんなものなのか、よく知らないので、
今回は、ブライダルエステの中身と効果、どのぐらいの期間やれば効果的なのか、について調べました。

SPONSORED LINK

ブライダルエステとは?その効果と期間は?

ブライダルエステは、挙式日に標準を合わせ、
集中的に花嫁さんをケアするのを目的としておこなわれるものです。

挙式当日に一番いいコンディションで迎えられるように
整えるために行われるものです。

ブライダルエステの特徴は、「ドレスを美しく着こなすためのケア」ということと、
「顔」や「デコルテ」「背中」など、肌が露出する部分を中心に外見を磨くのが目的です。

花嫁さんの心身をリラックスさせる効果も入っています。

ブライダルエステの種類と期待できる効果についてご紹介します。

まず、シェービングです。

これは、顔やうなじデコルテ等の産毛を剃刀でそります。

これによって、表面の角質がとれて化粧ののりがよくなります。

腕や背中もやれば更に綺麗な仕上がりになります。

実施期間の目安としては、挙式の一週間前~3日前くらいです。

剃刀負けが気になる方は、一か月前に試しておくといいでしょう。

次はフェィシャルです。

挙式当日はフラッシュがたかれ、多くの写真が撮影されます。

もちろん主役はアナタです。

写真が美しく撮れるよう、フェイシャルは欠かせないケアです。

マッサージやパックで、潤いとはりのある肌を整え、
吹き出物やくすみなどの悩みもサポートしてもらいます。

エステサロンによっては、色々な施術があるので、
組み合わせて選択し、メイク映えのする白い肌を目指しましょう。

これらは、挙式の6か月前~1か月前に行うといいでしょう。

ボディ全身ケアも欠かせません。

トリートメントやマッサージで、ボディを引き締め、
全身ケアでたるみの無いボディは、ドレス姿を際立たせてくれます。

何かと忙しい挙式前の疲れを癒してくれる効果もあります。

ボディ全身ケアは挙式の6か月前~1か月前に、10日~週一回が理想的です。

次はリンパマッサージや保湿ケアです。

胸元があいたドレスを着用するときは、デコルテの印象が大事になってきます。

首のしわや胸元のくすみはとても目立ちます。

ですから、きちんとしたリンパマッサージや保湿ケアなどを行いましょう。

そうすることで、透明感のある鎖骨ラインになります。

実施するのは、挙式の3か月前から定期的に何度か通うと、
高い効果が得られます。

挙式中、ゲストは花嫁さんの後姿にも注目します。

背中のケアも怠りなく念入りにおこないましょう。

クレンジングでマッサージをし、美白パックでキメを整えます。

背中のケアは挙式の3か月前から行うといいでしょう。

なお、ニキビのある方はニキビ対策は余裕をもって、
3か月前から定期的に通うといいでしょう。

二の腕と脇のラインもケアしておきたいものです。

挙式中は少しの動作でも、ゲストの目は二の腕にゆきます。

リンパの流れを良くして、むくむやたるみをとっておきましょう。

脇のラインが不処理だと、ドレス姿が完璧ではなくなります。

見えないからと安心せず、角質除去や黒ずみのケアをしましょう。

ノースリーブのドレスも安心して着られそうです。

二の腕と脇のラインのケアは3か月前ぐらいからおこないましょう。

ブライダルエステをした人はみんな、口をそろえてやってよかったと言います。

先ず自分に自信がもてるようになって、
結婚式でも堂々と振る舞うことができます。

また精神面でもリラックスすることができるので、そのメリットは大きいです。

美白エステやマッサージによって、肌の状態が良いので、化粧ののりがよく、
花嫁さんの見栄えが違います。

0056_01

きっと心に残るウェディングになることでしょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ