Amazon.co.jp ウィジェット美白になるにはどうしたら良いの?ベストな方法は? | カラダ研究所

美白になるにはどうしたら良いの?ベストな方法は?

色白の方は、女性らしく綺麗に見えます。

色白になりたくて、
美白効果があると聞けば、すぐに試していますが
今のところ効果が有りません。

そこで今回は、美白になるにはどうしたら良いのか、
食べ物か?化粧品なのか?あるいはマッサージなのか?、などを調べました。

SPONSORED LINK

美白になるには?食事?マッサージ?化粧品?どれがベスト?

美白肌は女性の憧れです。

そんな美白の天敵は、くすみ、シミ、そばかすなどです。

これらの原因になっているのが、メラニンです。

メラニンは通常体外へ排出されますが、
大量に発生すると、表皮に滞ってシミやそばかすになります。

この厄介なメラニンの生成を抑えることが美白への第一歩です。

まずクレンジングと洗顔をしっかり行います。

最初にメイクや皮脂の汚れを綺麗に落とします。

メイクを落としたら、蒸しタオルで顔を覆うと毛穴が開いて汚れが浮き上がってきます。

洗顔はあまり泡立てず、やさしく包み込みように馴染ませます。

そのあと、ぬるま湯でしっかり洗い流します。

このように丁寧に洗顔すると、それだけで黒ずみやくすみがなくなって、肌色が明るくなります。

洗顔のあとは保湿です。

お肌にたっぷり潤いと栄養を与えます。

そして、美白成分の入った化粧品を使って、メラニンの生成を抑えます。


ここで注意したいのは、ビタミンCが入った美白成分はとても紫外線に弱いので、
朝お手入れをしても夜までもたない可能性があります。

ですから、朝は保湿に重点をおいて、美白ケアは夜行うのが効果的だと思います。

次に考えられるのは、身体の内側からの美白です。

美白成分を含んだ食材やサプリメントを摂取することで、
細胞を破壊しメラニンを生成する物質を刺激する活性化酸素を、
強力に抑制することができます。

これはアスタキサンチンと呼ばれ、
鮭・イクラ・エビ・カニ・海藻等に含まれています。

特に鮭にはこれが多く含まれています。

アスタキサンチンはビタミンCと一緒に摂ると吸収率がよくなります。

アスタキサンチンが含まれるサプリメントも販売されています。

次のポイントは日焼け止めです。

紫外線は想像しているよりはるかに強力で、
曇っている日も降り注いでいます。

毎日欠かさず日焼け止めを塗って、外出する際には、
帽子や日傘、手袋、ストールなどで肌を守ることを忘れないようにしましょう。

でも、紫外線はそれでも防ぎきれません。

紫外線にさらされた肌にはメラニンが生成されてしまいます。

けれど、それがシミやそばかすになる前に体外へ排出してしまえばいいのです。

ここで重要になるのが、ターンオーバー(新陳代謝)です。

肌はおおよそ28日周期で新しくなります。

その周期が長くなってしまうとメラニンがシミやそばかすに変化してしまいます。

ターンオーバーを促す方法には以下の三つがあります。
・運動や入浴で汗をかく
・栄養バランスの良い食事をする
・十分な睡眠をとる

なんだそんなことかとお思いでしょうか?

つまり規則正しい生活をすることなのです。

そのことで、少しくらいの紫外線に負けないお肌がつくられるのです。

美白のために、高価な化粧品や高いエステへ通わなくても、
このようにして、身近なところで努力すれば、
美しい肌を手に入れることができます。

難しく考える必要はありません。

さあ、一緒に美白への第一歩を踏み出しましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ