Amazon.co.jp ウィジェットクレアチニンの値が高いとどんな症状がでるの? | カラダ研究所

クレアチニンの値が高いとどんな症状がでるの?

40代というと、色々と体にガタがくるときです。

通勤していても疲れてしまったり
今まで普通に行えていたことが、億劫になって後回しになったりと、
気力体力ともに少しずつ低下していくものです。

これは、加齢によるものですから、
調整次第で気力体力の低下を緩やかにすることは出来ます。

また、この世代は健康診断で何処かしらの数値が高くなってしまうのも特徴の一つです。

そこで今回はクレアチニンについて、その値が高いどんな症状がでるのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

クレアチニンとは?

クレアチニンは、おしっこで普段は体外に出てしまうのですが、
体内にこの物質が多すぎると、腎機能が侵されてしまいます。

クレアチニンは筋肉量を測定する時にも使われる重要な物質の一つです。

ただし軽度の腎機能障害についてはクレアチニンの検査は適していません。

何故なら、糸球体慮過率が50パーセント以下にならないと、
クレアチニンが上昇しないためです。

このためクレアチニンの値が上昇したならば、
腎機能障害がある程度、進行してしまっていることになります。

また、症状が進行してしまうと、
普段の生活習慣も見直さなければならない状況が発生するかもしれないので、
進行が初期のうちに病院に掛かることをお勧めします。

クレアチニンの値が高いとどのような症状がでる?

一般的には、倦怠感息切れ食欲不振などが見られます。

こういった症状は腎機能の低下から来るものです。

もし、心当たりがある場合は、
病院に来院して検査を受けてみる事をお勧めします。

検査により原因がはっきりします。

原因がわからない痛み、倦怠感などは非常に不安です。

しかし原因が解っていれば、少し余裕が持てますし、
例え治療を行う事になっても前向きに取り組むことが出来ます。

まだ、初期段階の腎機能の低下であれば、
経口薬を対処も可能
です。

いずれにしても早い対処が重要です。

クレアチニンの値が高いときのの対策は?

まずは、生活習慣を見直すことから始めます。

月並みなものになりますが高たんぱくの食事を控え、
塩分なども気を付けながら行っていきましょう。

また、医師から食事制限や指導を受けている場合は
その指示に絶対に従ってください。

また、ストレスが高じてしまうと、暴飲暴食へと走りがちとなるので
適度なガス抜きも重要です。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ