Amazon.co.jp ウィジェットコレステロールが高い原因は?遺伝は関係あるの? | カラダ研究所

コレステロールが高い原因は?遺伝は関係あるの?

体が元気であれば健康診断の結果の細かい数値なんて、
あまり気にならないかもしれません。

でも、仕事や夜の付き合いで忙しく、あまり自分の体に気を使うことが出来ないまま、
ある日突然コレステロールの数値が高くなっていて慌てふためく、
ということが自分に身におこることは
十分にありえることなのです。

そこで今回は、コレステロールが高い原因や、コレステロールの値と遺伝は関係あるのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

コレステロールとは?

コレステロールは、細胞膜を作っていくための大事な材料の一つです。

しかしテレビCMの影響なのか、
コレステロールの値が高いと、まるで体に悪い、
というイメージが植え付けられてしまいました。

また、最近では善玉コレステロール悪玉コレステロールという種類の
コレステロールが存在することもわかってきています。

コレステロールが高くなる原因は?遺伝は関係する?

食生活の問題がとても深く関係しており、
コレステロールが高い食品ばかりを食べていると、
必然的に高くなります。

それにより、ホルモン分泌異常が起き、
肝臓の働きが悪くなりコレステロールの代謝が悪くなります。

この他では、コレステロールが高くなるという場合、、
糖尿病などの成人病が同時に進行している可能性も否定はできません。

そのため会社や自治体の検診を、
定期的に受けて自分の体に気を配る必要性があります。

また、痩せているにもかかわらず、コレステロール値が高いという人は、
家族の中にコレステロール系の病気を抱えている人はいないか、確認した方がよさそう
です。

遺伝により生まれつきコレステロールの分解機能が弱いと、
コレステロールは高い値が出てしまいます。

もちろん本人努力でもコレステロール値を下げる事はできます。

コレステロールが高いとどのような症状がでる?その対策は?

普段の生活ではこれといった症状は出ませんが、
コレステロール値を高いまま放置しているという事は、
命にかかわる病気を呼び寄せていると言ってもいいほどです。

例えば動脈硬化脳こうそくなどの病気を引き起こして死に至ることがあります。

これらは人間の体の中に通っている太い血管に
コレステロールが付着して血管が狭くなることで詰まり、
引き起こす病気
です。

コレステロール値は高すぎても、低すぎてもNGです。

高すぎると成人病を誘発し、
低すぎるとホルモンをつくることが出来なくなり、
免疫が低下して病気にかかりやすくなる
というリスクを抱えています。

高いから下げる、低いから上げるというわけにはいきません。

考え方は、正常値と言われる範囲内でコントロールすることです。

コレステロール対策として、まずは
食べ物を食べるときは腹八分目を意識してみましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ