Amazon.co.jp ウィジェットグルコサミンの効果は?その効果の持続期間は? | カラダ研究所

グルコサミンの効果は?その効果の持続期間は?

若い頃は、多少体を仕事などで痛めたとしても、
湿布薬や市販の塗り薬を使用すれば
何とか数日で回復することが出来ました。

しかし、年が30代、40代と上がっていくと
昔は平気だったのに…と感じる瞬間が多くなり、
加齢を意識することになります。

特に、関節に痛みが出てきて歩くこともままならないケースも、
出てきました。

そんなに関節に痛みにグルコサミンが効果があると聞きました。

そこで今回は、グルコサミンの効果や、その効果はどのぐらいの期間続くのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

グルコサミンとは?

グルコサミンとは甲殻類の生物、カニやエビなどの甲羅に含まれている成分で
人間の軟骨を生成する成分が含まれています。

これは歳を重ねるにつれて作りにくくなる成分と言われています。

また、グルコサミンは肌にも大切なヒアルロン酸の1つで、
関節に対してはクッションの役割を果たす体に重要な成分の1つです。

歳を取ると、生成され辛い成分でありますが、
では年齢を取ると、どれ位減ってしまうのでしょうか?

グルコサミンは年齢が若い時ほど体の中に、
溢れていますがそれが歳を重ねるほど減少していき、
60歳になると20代の頃より半分に減ってしまい、
80代になるとその4分の1へと減少していきます。

結構、ショッキングな減り方をしますよね。。。

グルコサミンの効果は?

グルコサミンの効果は、すり減った軟骨の再生です。

グルサコサミンは長年かけて変形してしまった関節に対して
少しずつすり減った骨を再生し、
痛みを軽減してくれる効果
があります。

効果については数日で現れる物ではないため、
月単位、年単位という長い目で意識しながら
グルコサミンが含まれるカニやエビを摂取しましょう。

ただ、積極的にグルコサミンを摂取したい場合、
カニやエビばかり食べるわけにもいかないので、
サプリメントを利用しましょう。

グルコサミンの効果ってどのぐらいの期間続くの?

グルコサミンの効果については、個人差があり、
1ヶ月位で現れる人もいますが、
あまり効果がでない人も存在するようです。

効果が実感できた場合、その効果は半年ほど続くようです。

グルコサミンの効果が感じられた場合は、
摂取を続ける事で関節に痛みのない生活に戻ることが出来ますが、
ある程度飲み続けて効果を実感できない場合については、
効果のある無しは、個人差があることから、
グルコサミンに固執せずに、
他の手段を検討しましょう。

例えば、関節痛にも効果があるというアリナミンEXプラスを
試してみては、いかがでしょうか。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ