Amazon.co.jp ウィジェット日射病の症状は?寒気も症状の1つ? | カラダ研究所

日射病の症状は?寒気も症状の1つ?

まだ、季節は春と冬を日々繰り返しながら、
気候も落ち着かない状況が続いています。

5月の連休辺りで日差しが少しずつ強くなっていきます。

そうなると、早ければ日射病の症状が現れるかもしれません。

そこで今回は、日射病の症状や、症状の1つに寒気もあるのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

日射病とは?

日射病とは太陽の光を浴びて、
体がその状況に耐えきれない状態になり、
発症します。

皮膚血管が拡張し血液が上手く回らなくなって、
脳や内臓に行き届かなくなるために起こる症状
です。

また、日射病は医学用語ではなく造語で正式には、熱射病と呼びます。

日射病の症状は?寒気も日射病の症状の1つ?

日射病の症状として、
顔が赤くなり、汗が大量に発汗される場合と、
全く発汗されない場合
があります。

これは症状が出た人の体質により異なります。

また、同時に眩暈、吐き気、頭痛、排尿困難や無排尿などを発症します。

人間には、体温調節中枢がありますが日射病の影響で、機能が破綻し
体温が、40度を超える事があります。

日射病は、その症状が重いと、
意識障害が起こり死に至るケースもあります。

また、寒気が現れた場合には
日射病ではなく熱中症を疑うようにしましょう。

日射病の場合は体温が上がりきっているため
体温を下げる事が最重要
症状がそれ以上進行しないように食い止める事を考えて行動しましょう。

日射病になってしまったときの対策は?

日射病は、条件が揃えば誰でも発症する可能性があります。

日射病になってしまった時の対策は、
木陰や涼しい場所に連れて行き休ませることが必要
です。

また、休ませるのと同時に体の太い血管が通っている場所を、
重点に冷やしていきます。

クーラーボックスに入っている凍ったペットボトルや保冷剤などを使い、
効率的に冷却に努めます。

また、日射病にならないように対策を取ることも考えてください。

炎天下の日に外出する際は、日傘を使い日差しを遮り体を守り、
体調の変化を感じたら我慢をせず適度に休養を取りながら行動し

日射病のリスクを下げましょう。

また、肥満体質の人や体力の低下している人も
日射病になる可能性が高くなりますので
日差しが強い日には、気をつけながら行動しましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ