Amazon.co.jp ウィジェット夏バテの症状とは?胃もたれも夏バテの症状の1つ? | カラダ研究所

夏バテの症状とは?胃もたれも夏バテの症状の1つ?

暑い日が続く今日この頃、「なんとなく胃が重たいなぁ」と
思っている人もいるのではないでしょうか。

筆者自身、夏は毎年食欲がなくなります。

これは夏バテなのでしょうか?

そこで今回は、夏バテの症状や、胃もたれも夏バテの症状なのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

そもそも夏バテって何?

日本の夏は高温多湿です。

この中で生活していると、私たちの身体は一定の体温を保とうと
汗をかいたり血管を拡げたりして体温を下げようとします。

また、暑い外と冷やされた室内との急激な気温と湿度の差により、
自律神経のバランスが崩れてしまいます。

つまり、身体を一定に保とうとする自律神経が、
オーバーワークを起こして、心身ともに不調を起こしてしまうのです。

これが夏バテになります。

夏バテの症状

夏バテの症状には、
身体がだるい、食欲がない、下痢しやすい、頭痛がするなどの
身体的な症状と、
イライラする、無気力になるなどの
精神的な症状があります。
0001_01

夏バテと胃もたれ

体温が高くなると、自律神経の働きが乱れて胃の働きが低下します。

そのため、夏バテにより胃もたれすることがあります。

また、暑いからと言って冷たいものばかり飲んでいると、
さらに胃の働きが悪くなります。

胃の働きが悪くになり、食欲がなくなり、
食べられないと、体力が低下してしまい、
さらに自律神経が乱れて、という悪循環に陥ってしまいます。

夏バテの予防

夏バテにならないよう出来ることは以下のようなことが考えられます。

・冷房は外との気温差5~6度にする。
 オフィスなどでは冷え対策にストールやカーディガンなどを利用する。
・冷たいものをとりすぎない
・アルコール、甘いものの過剰摂取を控える

夏バテになってしまったら

夏バテの原因が
自律神経の不調、水分不足、胃腸の働きの低下、
という3つであることを考えると、
解消するためには以下のようなことが大切です。

◎しっかりと食事をとる
食欲はなくても、まずはできる範囲でしっかりととりましょう。

特にビタミンやミネラルが必要になってきます。

とくにとりたいのビタミンB1、B2とクエン酸です。

ビタミンB1にはご飯やめん類などの糖質をエネルギーに変えてくれる働きが、
ビタミンB2にはそれを補助する働きあります。

またクエン酸は疲労を回復し、弱った内臓の働きを回復してくれます。

ビタミンB群としては豚肉やうなぎなどの動物性タンパク質
クエン酸としてはレモンや酢、梅干しなどをとるといいでしょう。

◎水分補給
前にあげたとおり、冷たいもの、アルコール、甘いジュースなどは水分補給には適していません。

おすすめは温かい飲み物を少しずつ飲むことです。

◎しっかりと寝る
寝不足は体力を低下させてしまいます。

暑くて寝苦しいですが、しっかりと寝ましょう。

空調をタイマーで数時間後に切れるようにするのは1つのアイデアですが、
空調が切れるとかえって寝苦しくなって、寝た気がしない、
ということになってしまう可能性もあります。

冷却シートや快眠枕などのグッズも使ってみるのもいいかもしれません。
いくつかオススメの枕を紹介しますね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ