Amazon.co.jp ウィジェット五月病の症状は?頭痛になるの? | カラダ研究所

五月病の症状は?頭痛になるの?

ゴールデンウィークの長い休日が続いた後、
頭が痛かったり身体に力が入らなかったりしています。。。

これは世間で言われている五月病ではないか、とも思っています。

そこで今回は、五月病の症状や、症状に頭痛も含まれるのか、
などを調べました。

SPONSORED LINK

五月病とは?その症状は?頭痛が起きるの?

五月病と言う言葉の定義は、
新しい環境に適応できず、焦り、ストレスを感じ、
気持ちが落ち込んでうつ状態になること
を指します。

これは医学用語ではなく通称です。

始まりは、大学の新入生が5月の連休明けから急に無気力になったり、
無関心になることから名づけられました。

しかし、五月病の発症する時期は5月に限らず、
また大学生だけではなく、中学・高校生、新入社員にもみられます。

それでは五月病の症状についてみてみましょう。

身体の症状チェック
□身体がだる重く、疲れが取れない

□心臓がドキドキする、息苦しい、めまいがする

□頭痛がする、頭がずっしり重く、ズキズキ痛む

□なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚める

□食欲がわかない、食事が美味しく感じられない

心の症状チェック
□やる気がでなくて、やるべきことを先延ばしにする

□気持ちが沈んで、楽しいことがないと思う

□気持ちが落ち着かない

□イライラして怒りっぽくなる

□先々のことを考えると不安や焦りを感じる

※上記の項目であてはまるものが2~4個なら五月(六月)病予備軍、
5~7個なら五月(六月)病がかなり進行中、
8~10個ならすぐに対処しなければなりません。

※六月病とは、近年になって、社会人を中心に確認されている、五月病と同じような状態になる病の通称です。

※「5月病」「6月病」も正式病名ではなく、医学的には適応障害と診断されます。

あなたは何個あてはまりましたか?

何故この時期に体調を崩す人が多いのでしょうか?

五月病は、4月から始まった新しい生活に馴染もうと必死に頑張って、
ようやく少し慣れたときにやってくるGW(ゴールデンウィーク)、
その長い休日にたまった心身の疲労やストレスが一度に身体にのしかかり、
このような症状を引き起こすのではないかと思われます。

六月病については
6月は梅雨でじめじめし、曇り空が続いて不安定な気候が、
更に心身を痛めつけるのではないか、と言われています。

五月病の対処方法は?

「五月病」に負けないためには、まず、心身の異変を感じたら、
充分な休養と睡眠をとり、ストレスを発散させること
です。

お仕事をされている方は
本業とは別のことで気分転換をはかることも良いと思います。

ここでは、症状別の対処方法を考えてみたいと思います。

◆症状が軽い場合
スポーツや音楽聞いたり、読書をしたりして、
自分に合った方法でストレスを解消をします。

また、新しいことにチャレンジして、生活に刺激を与えるのも効果的です。

自分に新たな目標を課すことも有意義な方法だと思います。

◆少し症状が重い場合
自分のストレスの原因を探ります。

友人関係、勉強の仕方がよくわからない、
仕事に意欲がわかない、
などと言った具体的な要素を見出してください。

それをどう回避・回復させるかを考えます。

とても一人では考えられない、無理、と言う方は、
専門のカウンセラーを尋ねてください。

一人でくよくよ悩んでいても、ますます症状を悪化させるばかりです。

◆すごく症状が重い場合
すぐに心療内科あるいは専門科に相談しましょう。

躊躇しないで自分の胸の内を聞いてもらってください。

一人でストレスを抱え込まないで、誰かに話をしましょう。

きっと心が軽くなります。

第三者の発言が、思わぬ光明を照らしてくれることが多々あります。

物言わぬは腹ふくるる技なり、と昔から言われています。

処理しきれないものは誰かと共有してください。

心の靄が晴れること請け合いです。

そして、心身ともに健康な状態で再稼働しましょう!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ