Amazon.co.jp ウィジェットうつ病の原因は?仕事との関係は? | カラダ研究所

うつ病の原因は?仕事との関係は?

最近、会社の中に元気がなく落ち込んでいる同僚がいて、
もしかして、うつ病なのではないかと気になっています。

そこで今回は、うつ病とは何か、その原因や仕事との因果関係、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

うつ病とは?その原因は?

うつ病とは、強いうつ状態が長く続き、日常生活に支障が出る病気です。

「うつ状態」というのは、物事に対する関心や取り組む意欲が失せて
何もする気が起こらない状態が一日中ずっと、
それが毎日、2時間以上にわたって続く状態を指します。

「眠られない」「食べられない」等の辛い症状を伴うため、
日常生活に大きな支障をもたらします。

うつ病は誰にでも起こりうる病気で、厚労省の調べによると、
20歳以上の人の約7.5%(凡そ13人に1人)が
調査時までに一度はうつ病を経験
したことがあると報告されています。(平成14年度調査)

この結果、600万人以上の人がうつ病にかかっていると考えられます。

しかし、実際に治療を受けているのはそのうちの25%とされていることから、
うつ病患者の4人に3人は適切な治療を受けていないことになります。

うつ病は早期に発見して治療すれば治る病気です。

ですから、本人や周りの人が早く気付いて、
専門的で適切な治療を受けることが大切です。

うつ病の対処方法は?仕事との関係は?

うつ病の治療は、抗うつ薬による「薬物療法」と「休養」を二本の柱として、
必要があればそのほかの治療方法も組み合わせて行います。

うつ病は、脳の中にある神経伝達物質の働きまで異常を来している病気なので、
「気の持ちよう」だけでは治せません。

ですから、仕事の勤務超過あるいは、職場での人間関係等によるうつ病の場合は、
第三者が、「大丈夫だよ、頑張れ、」などと言って励ますことが逆効果を招くことがあります。

うつ病になると判断力や物事の処理能力が極端に低くなるので、
普段なら容易くできることが、できなかったりいつもの何倍もの労力を必要とします。

このように、心身共に疲れ果てた状態で、安易に言葉をかけても、
当人にとっては更なる重荷を背負うことになるので、
「十分な休養をとること」が第一だと判断して、医療機関の受診をすすめたり、
長期休暇が取りやすい場を整えるのが肝心
だと思います。

うつ病の治療薬には様々な薬があります。

医師は患者一人一人の症状に合わせて、薬の量と種類を決めます。

ですから、薬は医師に決められた通りに、正しく服用して
決して自己判断で服用を中止したりしないでください。

症状が悪化したり、うつ病をこじらせたりしますので、
安全性の観点からも、用法・と容用量を守って服用しましょう。

最後に、職場でうつ病を発症するメカニズムについて少し触れます。

仕事のストレスが原因でうつ病になる、と言う例は少なくありません。

その理由は個人差があって一様ではありません。

デンマークの学者の研究によると、うつ病の原因として、
仕事量の多さがうつ病を引き起こすと言う事例は少なく
上役から不公平に取り扱われた等の仕事環境が、労働者の気持ちに大きな影響を与えていたとの報告がなされました。

このことから、仕事量を減らすだけでは、
職場でのうつ病は改善しないと結論付けられました。

これらが日本の事情にすべてあてはまるわけではありませんが、
うつ病の原因として、
仕事の内容よりも、上司の良し悪しや、人間関係による影響の方が大きいと、
この研究に賛同する声が多く挙がっているとのことです。

もし会社で人間関係に悩んでいてたら、
1人で悩まずにに上司や、同僚など相談できる人に
まずは話してみましょう。

話をして聞いてもらうだけでも、かなり気持ちが楽になるはずですよ!

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ