Amazon.co.jp ウィジェット偏頭痛の薬、飲むタイミングはいつ? | カラダ研究所

偏頭痛の薬、飲むタイミングはいつ?

偏頭痛がひどく、色々試してみましたが、一向によくなりません。

薬の服用で偏頭痛の痛みを抑えようと思っているのですが、
どの薬がいいのかわかりません。

そこで今回は、偏頭痛に効く薬と飲むタイミングはいつが良いのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

偏頭痛に効果があるおすすめの薬は?

充分な休養で偏頭痛を抑えることができない場合は、
薬物療法にたよることになります。

薬には、頭痛が起きたときに服用する急性期治療薬(頓挫薬)
発作を起こりにくくする予防薬があります。

急性期治療薬には、病院で処方されるトリプタン系薬剤
エルゴタミン薬市販の鎮痛剤があります。

吐き気を伴う場合は、制吐剤との併用が有効です。

薬物による治療で気を付けなければならないのは、
10日以上飲んでもあまり効果がない場合は、
薬物乱用頭痛に陥っている可能性があることです。

このような症状がでないように、治療薬の違いを理解して、
効果的な薬剤を適切に使用することが大事
です。

トリプタン系薬剤は、偏頭痛の根本的な原因をピンポイントで抑える効果的な薬剤です。

その剤形には、錠剤、口腔内速溶、崩壊錠、点鼻薬、注射薬があります。

錠剤がもっとも身近で基本の剤形ですが、
口腔内速溶と崩壊錠は、水なしで飲むことができます。

口腔内速溶は口の中で溶けますが、
吸収は腸でされるので錠剤と同じ効果が望めます。

点鼻薬は、吐き気がひどくて薬を吐いてしまう場合などに用いられます。

注射薬は即効性がありますが、
発作時に医療機関に行く必要があります。

頭痛のタイプに合った剤形を、医師と相談しながら決めるとよいでしょう。

製品名 
イミグラン:錠剤・注射薬・点鼻薬
ゾーミッグ:錠剤・口腔内速溶錠
レルパックス:錠剤
マクサルト:錠剤・口腔内速溶錠
アマージ:錠剤

市販薬は、トリプタン系の薬剤が原因を抑えるのに対して、
すでに起きてしまった炎症を抑える作用があります。

ここでの注意点は、「もしかしたら痛くなるかもしれない」と言う段階で
予防的に服用するのを習慣にしてしまうと、
頭痛薬の飲み過ぎによる頭痛を引き起こす、
「薬物乱用頭痛」に陥ってしまう恐れがあるという事です。

また、主成分が複数配合されているものや、
カフェインが含まれているものは習慣化しやすいので特に注意が必要です。

※鎮痛剤を毎月10回以上使用していると言う方は、
 薬物乱用頭痛の恐れがありますので、医療機関を受診してください※

単一成分の鎮痛剤
アスピリン・バファリンA・ロキソニンS

複合成分の鎮痛剤 
イブA錠・ケロリン・エキセドリンA錠・新セデス錠・ナロンエース・ノーシン・バファリンプラス・セデス・ハイ

偏頭痛の薬を飲むタイミングについて

薬をより効果的にするには、
飲むタイミングを考えることが必要です。

ここではトリプタン系の薬剤の適切な服用タイミングについてご紹介します。

トリプタン系の薬剤は、頭痛が起きていない前兆期に服用しても効果はありません。

頭痛が始まり、これは偏頭痛だと確信した、
「軽度」な症状の時に服用するのが、もっとも効果的
だとされています。

偏頭痛がひどくなってからでは、
通常の痛みを感じない程度でも痛みを感じる症状があらわれ、
薬剤の効果はあらわれません。

トリプタン系の薬剤でも、飲み過ぎると「薬物乱用頭痛」の原因になりますので注意しましょう。

大事なプレゼンテーションがあるからと言って、
早めに服用したり、逆に辛くなるまで我慢したりしないで、
偏頭痛と確信したそのタイミングで服用するようにしましょう。

ネットで購入できる頭痛に効く鎮痛剤を紹介します。

飲みすぎないようしながら服用してください。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ