Amazon.co.jp ウィジェット熱中症になりやすい体質ってあるの? | カラダ研究所

熱中症になりやすい体質ってあるの?

夏にみんなでバーベキューをしたとき、
僕だけ熱中症になってしまいました。

それ以来、暑い時期が来ると
また熱中症になってしまうのでは、
と不安でたまりません。

そこで今回は熱中症になりやすい体質となりにくい体質があるのか、
などについて、調べました。

SPONSORED LINK

熱中症になりやすい体質、なりにくい体質とは?

熱中症は暑い日に起こりやすいですが、
ほぼ全員が暑くないと思う程度の暑さでも
熱中症の症状を起こす人がいます。

それは、その人の年齢、体調、病気、水分の摂り方、
住環境、運動や労働の程度、
暑さに慣れているかといった、
様々な要素がからんで
熱中症が起きたり起こらなかったりします。

熱中症を良く知って対策を講じれば、
暑い夏も上手に乗り切ることができます。

では、熱中症になりやすい体質、人についてご紹介します。

年齢別にみた熱中症による死亡率グラフを見ると、
乳幼児と高齢者が熱中症になりやすいことがわかります。

0071_01

また、働き盛りの人の場合は、
体調や生活の仕方によって起こりやすくなります。

まず、熱中症はどのような仕組みで起こるのか理解しましょう。

熱中症は、身体の外から入ってくる「熱」や、
身体の中で発生する「熱」の影響によって引き起こされる
体調不良のこと
をいいます。

私たちの身体には「体温調整機構」が備わっていて、
暑いときには汗をかいて体表面から熱を体外へ逃がし、
上がった体温を下げようとする働きがあります。

一度に大量の汗をかくと水分や塩分が体内から失われ、
体液のバランスがくずれて、けいれんを起こしたり気を失ったりします。

このような症状は熱中症の典型的なものです。

高齢者や乳幼児が起こしやすいのは、「古典的熱中症」と呼ばれ、
外から入ってくる熱が主な原因で起こります。

スポーツをしているときに起こるのは、「労作性熱中症」と呼ばれ、
体内で発生する熱が主な原因で起こります。

このような熱中症は、健康な人でも体調を崩したりしていると起こりやすくなります。

暑い時期は誰もがなりやすい熱中症ですが、以下の人、あるいは体質は特に注意が必要です。

・夏バテしやすい人
・スポーツをする人
・夏風邪をよくひく人
・肥満気味の人
・高齢の人

熱中症は、最初は軽いものでも、
短い時間で重症化することがあります。

甘く考えないで適切な手当てをする必要があります。

暑い時期に戸外等で活動をするときは、
体調を整えて水分補給と休息を忘れず取って、
熱中症を起こさないよう注意しましょう。

熱中症をおこしたときの対応は?

熱中症と言う言葉を知らない人はいないと思いますが、
案外誤解していることが多いので、まずその点から見てゆきましょう。

・熱中症はお年寄りが気を付ける必要があるものだ
・熱中症は一つの症状だ
・熱中症の対応と予防は水分を取ればいい

このような知識は正しいとは言えません。

熱中症は、だれでもいつでも、ちょっとした油断から熱中症になるのだ、
ということを知っておきたいものです。

熱中症には3つのタイプがあります。
タイプ別に対処方法をご紹介します。

☆熱けいれん
これは、炎天下で長時間仕事やスポーツをして
大量の汗をかいた後に起こりやすい症状です。

汗をかくと、身体から水分だけではなく塩分などのミネラル類が失われます。

血液中の塩分濃度が低下すると筋肉がけいれんを起こしやすくなります。

このような症状が出た場合は、ナトリウムを含むスポーツドリンクや食塩水(水500ml/塩3~4g)を与えます。

そのあと、しばらく休んでいれば通常の熱けいれんなら治ります。

身体がどんどん熱くなり、意識がはっきりしない場合は、
救急車を呼ぶ必要があります。

なんらかの合併症が疑われます。

☆熱疲労と熱射病
熱疲労の場合は、脱水症状や血圧の低下などの症状がみられます。

気分が悪くなって、顔面蒼白・喉の渇き・めまい・倦怠感・
吐き気・発熱などの症状
がでることもあります。

これらの対処法としては、木陰など風通しのよい涼しい場所に移動し、
洋服やベルトをはずし、水分を多めにとって休む
ことです。

熱けいれんと区別がつかないときは、
スポーツドリンクや食塩水を飲ませた方がいい
こともあります。

熱疲労の状態を放置したり、気づかないでいると、
汗が出なくなって体温が急激に上昇(40度くらい)して熱射病に陥ります。

意識がもうろうとして受け答えがきちんとできない、
自分で動けないといった重い症状が出ます。

このような症状は熱射病の特徴なので、すぐに救急車を呼びましょう。

待っているあいだも、涼しい場所で身体を冷やします。

首や脇のしたにぬれたタオルを当てるのも一つの方法です。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ