Amazon.co.jp ウィジェット有酸素運動の適切な時間は?やりすぎには注意が必要? | カラダ研究所

有酸素運動の適切な時間は?やりすぎには注意が必要?

有酸素運動についてあれこれ調べましたが、
有酸素運動の適切な運動時間はどのくらいなのか、
また、やりすぎは身体に悪いのか
を、
調べ、効率の良い有酸素運動で健康な体をつくろうと思います。

SPONSORED LINK

有酸素運動の適切な時間はどのくらい?

有酸素運動は、短すぎると消費カロリーが少なくて効果が期待できません。

反対にやりすぎ、長すぎでも様々な問題が生じます。

30分の有酸素運動を
1回10分間、1日3回に分けてやった場合と、
連続して30分やった場合とでは、
脂肪を燃焼させる効果に差がなかった
との報告があります。

だから、ジムでエアロバイクをこぎ続ける必要はないという事になります。

有酸素運動は、短くて20分、長くても50分程度までが良いと言われています。

朝ウオーキングを10分して、ジムで10分エアロバイクをこいで、
夕方また10分散歩をすれば、それだけで30分の有酸素運動をしたことになります。

頻度としては週に2回~5回程度やるだけで効果が出ます。

無理して毎日やる必要はないのです。

ジムでの時間はおおよそ
次のように50分運動するといいでしょう。

エアロバイク 負荷強め 20分
クロストレーナー 若干軽め 30分
消費カロリー500kcal

0076_01

有酸素運動のやりすぎによる弊害は?

筋肉には白色の「速筋」と赤色の「遅筋」の二つがあります。

「速筋」は瞬発的で強めの運動の時に使われます。

「遅筋」は、持久的で軽めの運動の時に使われます。

持久力的な運動をし過ぎると、筋肉が「遅筋化」してしまいます。

この筋肉の割合が増えると、筋力アップをはかるのに非常に不利になります。

筋肉をつけて脂肪を落としたいと思うなら、筋肉の「遅筋化」は避けたいです。

更に、有酸素運動のやりすぎは、「コルチゾル」と言うホルモンの分泌を高めることになります。

コルチゾンは、筋肉を燃やしてエネルギーを取り出そうとする作用や、
免疫力を低下させる作用があって、
脂肪を落としすらりとした体型を手に入れたいと思っている人には大敵なのです。

身体の中には、「UCP」と呼ばれる特殊なたんぱく質があります。

「UCP」は主に体温調節などの役割を果たしていて、
脂肪を余計に燃やしてくれる作用
があります。

強い運動をすると、「UCP」は増えるのですが、
弱い持久的な運動を繰り返すと減ってしまいます。

以上のようなことから、
有酸素運動をやりすぎると、逆に太りやすい体質になってしまいかねないのです。

早く体重を落としてスマートな身体を手に入れたいと思って、
毎日何時間も有酸素運動をするのは逆効果です。

あまり神経質にならず、ゆっくり時間をかけて、
健康的な肉体美を手に入れましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ