Amazon.co.jp ウィジェットセルライトの除去って自宅できるの?器具は必要? | カラダ研究所

セルライトの除去って自宅できるの?器具は必要?

お腹や太ももに凹凸ができ、
それはセルライトだと言われ、ショックを受けました。。。

まずセルライトの見た目の悪さに落ち込んでいます。。。

そこで今回は、セルライトの除去は自宅できるのか、その際、なにか器具は必要なのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

セルライトとは?どうしてできるの?

お腹、太もも、お尻の付け根などにみられる肌の表面の凹凸、
それがセルライト
です。

オレンジの皮に似ているところから、
英語で「オレンジピールスキン」といます。

驚くことに、日本人女性の80%以上に見られると言います。

セルライトができると、見た目にも悪いですが、
「冷え」の原因の一つと考えられ、
健康に悪影響を及ぼすとともに、心にまで影響を及ぼします。

セルライトは、2~3年かけてゆっくり肌の表面に凹凸をつくります。

今、肌に凹凸がなくても、
着々と「セルライト予備軍」がつくられているかもしれません。

セルライトは、肌組織の表皮、真皮の下、皮下組織にある
「脂肪細胞」がベースになっています。

「脂肪細胞」が厚みを増してくると、
それを取り囲む毛細血管や毛細リンパ管等の身体の循環機能、
すなわち「身体のめぐり」が悪くなってつくられます。

巡りが悪くなると、血管やリンパ管からあふれた不要物が「脂肪細胞」に引き寄せられ、
「脂肪細胞」はどんどん大きくなってゆきます。

そして、肥大化したもの同士が結びついて、
肌の下、数mmに位置する表皮と真皮を押し上げ、
それが表面に凹凸として現れるのです。

元々「脂肪細胞」は、身体を構成する60兆個の細胞の一つです。

身体の熱の放散を防ぎ、身体を守ってくれる強い味方でもあります。

女性にとっては、女性らしい身体を作ってくれる有難い存在です。

脂肪細胞は、脂肪をエネルギーとして蓄えていますが、
食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足そして精神的ストレス等の要因によって、
余分なエネルギーが蓄積され過ぎると、
脂肪細胞は中性脂肪の塊として肥大化
してゆきます。

その結果、身体のめぐりが悪くなって代謝が下がり太ってしまうのです。

セルライトの除去方法は?自宅でできる器具は?

セルライトの除去方法についてご紹介します。

高いお金を出してエステ等に行かなくても自分でできる方法です。

まず、器具を使わないマッサージからです。

セルライトの除去は手順が重要なポイントとなります。

太ももの場合、まず足裏の指圧から始めます。

親指や人差し指を使って足裏のツボを指圧します。

力を加えたかったら、両方の親指を使うと、さらに圧力が増します。

硬い部分は、握りこぶしをつくって、指の関節で押すのも効果的です。

続いてふくらはぎのリンパマッサージをおこないます。

セルライト除去効果を高めるために欠かせないマッサージです。

優しく手のひら全体を使って下から上へかきあげるようにします。

ふくらはぎの表側は、ら線を描きながら、
ひざ下にリンパ節のゴミを集めるようにします。

ふくらはぎに強いマッサージは禁物です。

強い力を加えると、皮膚の下にあるリンパの流れを阻害する恐れがあるからです

次は、ようやく太もものセルライトをつぶします。

手のひら全体で、全ての指を使ってつまみあげるように揉みます。

心臓に向かってマッサージを行うことによって、
リンパの流れを促して代謝が活発になるので、
足裏⇒ふくらはぎ⇒ふともも、と言う順番でおこなう
のです。

面倒くさがらずに、片脚10分を目標にして、
気長に行ってください。

必ず効果が表れます。

セルライト除去用の器具もありますので、
オススメのものを紹介します。

こちらを利用すると、より効果的にセルライトが除去できますよ!



・美容ローラー コロコロローラー

・セルライトバスター

・セルブロックバンカーバスター

                        
・コロコロマッサージ

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ