Amazon.co.jp ウィジェット夏風邪の症状は?頭痛にもなるの? | カラダ研究所

夏風邪の症状は?頭痛にもなるの?

暑い日が続いて「身体がだるいな」「頭痛がするな」
と感じる人も多いのではないでしょうか。

「他に症状もないし、夏バテだろう」と油断していると、
急激に悪化する可能性があります。

そこで今回は、夏風邪の症状や、症状として頭痛にもなるのか、
などについて調べました。

SPONSORED LINK

そもそも夏風邪とは?

医学的に夏風邪という病気があるわけではなく、
夏になりやすい風邪全般を「夏風邪」と呼びます。

風邪というのはウイルスに感染することでなります。

冬の風邪のウイルスは乾燥した空気を好みますが、
夏の風邪のウイルスは多湿を好むのです。

夏風邪の症状は?頭痛は?

風邪なので、咳やくしゃみ、鼻水が出るのですが、
その前段階の頭痛や身体のだるさというのは、風邪のひき始めの可能性があります。

ただ、夏バテも同じような症状なので気づきにくいのです。

この段階で対処していれば悪化しないのですが、微熱が出ていたとしても、
最近の猛暑は体温以上になることも多く、対処が遅れてしまいます。

そして、夏風邪の特徴として、激しい腹痛や下痢といったお腹への症状がでやすいということがあります。

ここまでくると、夏風邪が長引く場合が多いようです。
0009_01

夏風邪の対処法は?

基本的には夏バテで免疫力がおちてかかる場合が多いので、夏バテ対策と似ています。

・十分な休息を
まずはゆっくりと身体を休めましょう。

・水分補給
夏なので汗もかきますし、発熱や下痢などで体内の水分はどんどんとなくなっていきます。

冷たいものではなく、白湯やホットスポーツドリンクなどをお勧めします。

・場合によってはお風呂も有効
症状がひどくないなど、無理をしない範囲での入浴も効果があります。

身体を温めて新陳代謝をアップすることで、免疫力があがります。

・下痢止めは飲まない
下痢は体内のウイルスを排出している証拠です。

下痢止めを飲んでしまうと、いつまでも体内に毒素がとどまっている状態になります。

・下痢の症状にあった食事を
下痢の時は、その下痢にあわせて食事をとると身体に負担をかけにくいです。

水のような場合は水分のみ、すこしゆるいくらいならおかゆやうどんを軟らかめに、
といったように、自分の身体の状態にあわせて食事をとりましょう。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ