Amazon.co.jp ウィジェット夏風邪の原因はウィルスなの? | カラダ研究所

夏風邪の原因はウィルスなの?

冬だけではなく、夏にも風邪をひきます。

そもそも冬の風邪と夏の風邪は何が違うのでしょうか?

そこで今回は、夏風邪の原因はウィルスなのか、などについて調べました。

SPONSORED LINK

夏風邪の原因は?

風邪はウィルスによって発症します。

ウィルスの種類は数百単位で存在します。

そのため、一度風邪をひいても、
また他のウィルスに感染して風邪をひいてしまうのです。

冬の風邪のウィルスが寒冷・乾燥を好むのに対し、
夏の風邪のウィルスは高温・多湿の中で活動します。

クーラーでの温度差や毎日の暑さで体力が低下し、
免疫力が低下している状態だと、
元気なウィルスに勝てずに風邪をひきやすくなります。

代表的なウィルスは次のようなものです。

・アデノウィルス
アデノとは扁桃腺やリンパ節のことです。

のどが腫れ、高熱が出ることが特徴です。

また、結膜炎になり、目やにが目の充血がひどくなります。

乳幼児から小学生くらいの子がかかることが多いです。

乳幼児の嘔吐の原因である胃腸炎やプール熱といったものも、このウィルスが原因です。

当然、大人も感染する場合はあります。

実際、私は子供からうつって、下痢に苦しんだ経験があります。

・エンテロウィルス
エンテロとは腸のことで、腹痛や嘔吐、下痢が主な症状です。

ただ、感染しても症状が出ない場合があります。

予防接種が行われているポリオはこのウィルスが原因です。

また、手足口病やヘルパンギーナなどもこれによるものです。

夏風邪の予防はどうすれば良い?

夏風邪対策は、まずは夏バテ対策をしっかりと行うことです。
0010_01

・十分な睡眠
寝苦しいですが、クーラーや冷感寝具などを活用して、快適な睡眠をとりましょう。

・しっかりと食事をとる
暑いと食欲がなくなりがちですが、しっかりとスタミナのある食事をとり体力をつけましょう。

・水分補給
汗で水分が失われていきます。水分のみならず、塩分も摂取するとよいでしょう。

また、風邪対策として、うがい、手洗いを行いましょう。

また、目からも感染する場合があるので、目薬を差しましょう。

表面の汚れが落ちればいいので、目薬の種類はなんでもいいと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ